miracleさん+BerryGarden

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

正義は断片的にしか持ち合わせていない
(ミラクルさん at 06/09 18:21)
[1/2ページ]
愛媛県警の報告書曰く「Winnyは音楽や映像などの情報を自由に共有できるソフト」高木氏に対しては「いつも啓蒙活動ご苦労様です」と心からいいたい。Winnyを使いこなせない奴がWinnyを使うと思っている私としては官公庁のWinnyに対する意識の低さには切歯扼腕するところであり、高木氏のような方がこういうセキュリティに対して厨房的対応を取ることによって確実に納税者の役には立つと思う。さて、それに対して今回のこのエントリには下記のトラックバックがついた。高木浩光氏のWinnyへの怨念前から思ってたけど、なんなんだろう、この人の尋常ならざるWinny*1への憎しみは。ときおり根拠らしく述べる内容は、どう見ても「nyは絶対悪」の結論ありきの後付的な臭いがする物ばかり。単なるアスペ性の粘着(によるバランス欠如)なのか。単なる成人型中二病なのか。「病気」かどうかはどうでもいい。実際その症状は、それは日本におけるセキュリティの意識向上に相当貢献してる事は間違いないだろう。でも、それはやはりたまたまなのか。反逆の正義ネタとしてセキュリティに粘着してたら、それがたまたまヒットしたと。たまたま社会的にもセキュリティが重要な物になってしまったと。それとも、本気で社会のためを思うのが先にあって、セキュリティの啓蒙活動をしてきたのだろうか。本気で社会のためを思って、本気で社会の発展の為にこそ、法も憲法も無視してnyの抹殺活動をしているのだろうか。もちろん、仮にそうならそうで、それはそれでキモいけど。本人曰く随分悪意的に見える断片がexcerptで飛んでってしまったなので、文意を正確に伝えるように本文をそのまま引用した。悪意的に見えるかどうかというのは閲覧者にお任せしたい。おいらとしてはアスペ性の粘着という部分に大いに引っかかるのだがそれは本題ではないのでまあ、おいておく。これを見て思い出したのは反日BLOG監
[6]次ページへ>>

コメント(4)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ