2008年09月25日

醜い鹿島の子

J王者・鹿島が負けた!無冠の危機だ…ACL準々決勝

鹿島のロッカールームは涙でぬれた。2回の決定機を生かせなかったFW興梠は「(昨年)浦和でも優勝できたのだから、という甘い気持ちがあった。今日負けたのは、チャンスに決められなかった自分の責任」と目を真っ赤にし、ゲーム主将を務めたDF大岩も「残念」と発すると、言葉が続かない。5回目のアジア制覇への挑戦は道半ばで途絶えた。

なに? お前ら格上のつもりでいたの? オレ達は浦和でお前らはどこまで行っても醜く、汚い、哀れで、惨めな鹿島でしかないのさ。浦和にはなれないんだよバーカ。



posted by ミラクルさん at 19:32| Comment(7) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前ほんと碌な事しないな

妻の旅券「公務」と申請

川田龍平参院議員(東京選挙区、無所属)が昨年12月に渡米した際、通訳で同行したフリージャーナリストの妻(当時は婚約者)の旅券を、私費での視察だったにもかかわらず「公務による視察」として、東京都旅券課に緊急発給させたことが朝日新聞の調べでわかった。川田氏は「事務所がやった」と自らの関与を否定している。

川田氏が渡米したのは昨年12月26日〜今年1月4日。当初は公費の視察を計画し、米海兵隊基地や下院議員を訪問する視察内容を国会に提出した。しかし、外務省から「基地の視察は困難」と回答があり、下院議員との約束も取り付けられなかったことから、川田氏の秘書は国会議員が公務目的の渡航に必要な「公用ビザ」の取得を断念。「私費で行って欲しい」と川田氏に伝え、了解を得たという。

しかし、渡航当日、成田空港で川田氏の妻の旅券の期限が切れており、出国できないことが判明。先に渡航した川田氏は翌27日、都旅券課に電話をかけ、緊急発給を要請したという。

関係者によると、この際、川田氏は「公務遂行のため通訳として(妻が)必要だ」と告げ、日本に残った妻が日程表を同課に提出。同課は公務の視察と信じ、通常ならば1週間以上かかる発給を特例で翌28日にしたという。

都に提出された日程表には、実際に川田氏が訪れたとしている大学施設や元米軍関係者などは含まれておらず、断念していた当初の公費視察の日程が記されていた。

川田氏は「旅券発給は事務所の判断で事務所がやった」と自らが都に要請したことは否定。私費による渡航であったことは認めた上で、「年内に視察日程を組んでいたことから、焦って旅券発給を進めたことは軽率だったと反省している」と文書でコメントした。

川田龍平が大嘘吐きの最低男だということはいまさらなので取り立てて言うことは無いのだが、こいつと同じ空気を吸っていると考えると気分が悪くなる。

ラベル:川田龍平
posted by ミラクルさん at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

致し方ない

まずはこちらの動画をご覧ください。

これを踏まえて以下の文章をお読みください。

【4352】俺たちサポートインファイト

まずネットで騒がれているが、言いたいことがあるならば現場にて言って欲しい。

俺たちインファイトはチームが勝つにはどうしたら良いか日々考え実行している。柏の選手が怪我をすれば勝利に繋がるという思いがあった。だから旗で攻撃をしただけ。致し方ない。

俺たちインファイトがいなければゴール裏の応援なんて成り立たない。変わりに指揮を取れるやつなんていない。

仕事の休暇も全て鹿島に捧げ賞与もアウェイ遠征などで全てつぎ込む。鹿島の為に俺たちがいる!!!

ゴール裏の歴史を作ってきたのはIN.FIGHTなのである。俺たちは一般サポーターのような馴れ合いの集団ではない。会社などと同じ組織、活動は仕事と同じ。解散などは絶対にない。あり得ない。俺はインファイトの誇りを胸にこれからも戦う!!!

一連の騒動はゴール裏全ての問題でありインファイトだけを悪者扱いするのは筋違い。悪いのは警備だ。

話合いが出来なければ何も変わらない。インファイトメンバーの投稿がほとんどない理由がわかった気がする。

なんか同じ論理で行動する人たちがいるよな。最近公開討論会を呼びかけた人とか。文句があるのだったら面を出せって言う人間に共通しているのは、「オレ達は行動しているから偉い」という選民思想だ。死ねよ。

まあ、新風連とインファイトで全員集めて金網バトルロイヤルでもやったらどうだろうか? きっとみんな喜ぶと思うし、生き残った最後の一人の言うことは聞いてやらないことも無い。

posted by ミラクルさん at 21:45| Comment(8) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も世界に見せ付けろ

AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝 2nd reg.

浦和レッズ2−0 アル・カディシア

浦和レッズの得点:31分相馬、53分釣男

世界の頂点まであと7試合だ。一気に駆け上がろう。

ラベル:浦和レッズ
posted by ミラクルさん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原のオタクの皆さん

第92代首相に麻生太郎氏を選出

衆院は24日午後、本会議を再開し、憲法の規定に基いて麻生太郎・自民党総裁を第92代首相に選出した。

衆参両院は24日午後の本会議で、首相指名選挙を行い、衆院は麻生氏を首相に指名。与野党の勢力が逆転している参院は、1回目で投票総数の過半数を得た候補がなく、麻生氏と小沢一郎・民主党代表による決選投票の結果、小沢氏が指名された。議決が異なったため開かれた両院協議会でも意見一致できなかった。

とはいえ、すぐに総選挙を行うのだろうしまずはそこをきっちり勝たないと喜ぶものも喜べん。失言とか何とかで足を掬われないようにしないといけないのだが、この人の言いっぱなしスープレックスを聞けないのは残念だな。

首相に庶民感覚など不要。しっかりしたビジョンを持って、国政にあたってほしいと考える。

つーかこのBLOG始めてから4人目か。もうちょっと落ち着けよ。

ラベル:麻生太郎
posted by ミラクルさん at 17:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いくらなんでも

アンデルソンと出っ歯が麻薬密売人と関係か?

ブラジルのリオ・グランデ・ド・スル州地方自治省によると、同州地方警察が首都ポルト・アレグレ市で逮捕した麻薬密売人が捕まったマンションの所有者名が、マンチェスター・ユナイテッドのアンデルソン名義であったことを公表した。逮捕されたのは、リカルド・アレックス・ダ・シウバ容疑者(通称“ジジ”)で、リオ・グランデ・ド・スル州最大の麻薬売買組織グループのリーダーと目されている。

アンデルソンの代理人、リカルド・エルブストリッチ氏によれば、同選手とこの麻薬密売人との関係については捜査対象になっていないとのことだ。だが、容疑者が6月に刑務所から脱走した際に使われた車、ポルシェ・カイエンもアンデルソンの名義のものであることが分かっている。

また、地方省が入手した録音テープの会話から、捜査線上に、やはり同市出身であるミランの出っ歯の名前も浮かんでいるという。この会話の中で、アンデルソンと出っ歯は、この麻薬密売人が主催するパーティについて話しているというが、“麻薬”にかかわる会話は一切ないことも判明している。

この事件では、これまで1年余りにわたる捜査の結果、31人が逮捕されている。

出っ歯のことはあまり好きではないが、そんなことはしていないと信じている。麻薬なんかやっていないよな? ただ、ちょっと世間知らずで悪い友達がいただけだよな? ただ、交友関係は見直したほうがいいよ。君はお金もちなんだから、悪い人が甘い事いってたくさん寄ってくるんだよ。

posted by ミラクルさん at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

フェムト波動を受信してみた

まあ、あるブロガーがいたとしようか。保守的な思想を持っていて、新風の政策に共鳴して新風連に加盟して、その後あんまりアクティブにBLOGの更新をしていなかった人がいたとしよう。

んで、なんでアクティブでないのかって言うのは個人の事情だけに仕方がないのだけれども、そのことをもってして「あいつは創価学会のスパイではないのか」的な中傷が新風連方面でなされていて、「スパイだと思われたくなければこれについて記事を書け」というような圧力があったらしいんだ。時期的には新風連や在特会が東村山で洋品店襲撃をして総スカンを食らっていたころだったから「自分達に賛成するブロガー」というのが喉から手が出るほど欲しかった時期だ。

もちろん、彼がノリノリでその後いろいろなことを書いてしまったことは仕方が無いし、それについてはきちんと責任を取るべきだと考える。だから書かれた方が彼のことを追及するのは仕方の無いことだ。しかしながら同時に「逆らったらお前創価ね」見たいな圧力をかけて鉄砲玉に仕立て上げる新風連のやり口というのを心の底からおいらは唾棄する。こいつらは一人残らず火炙りになっても一切同情しない。新風連は滅ぶべきだ。

先ほど、その彼が誹謗してしまった人から追及されるのは仕方がないと書いたが、新風連のほうから追及される際にはおいらは何とか守る努力をしたいと考えている。それは過去に多少なりとも関わりを持った人間として、強く思っている。しかし、それにはあのキチガイ連中から決別することが条件になるだろう。一度信じたものを放棄するのは辛いとは思うのだが、勇気をもってやってもらいたいものだ。

と、言うようなメッセージをフェムト波動から受け取った。

ラベル:東村山市 新風連
posted by ミラクルさん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ワールドワイドウェブがスレをたてた

東村山洋品店襲撃事件

現在瀬戸弘幸に中畑さん張りに粘着して涙目にさせているワールドワイドウェブがシベリアにスレを立てました。荒井さんも目立ちたがりやなので登場しちゃっているのでちょっと面白いかも。しばらくチェック。

ラベル:瀬戸弘幸
posted by ミラクルさん at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ必勝祈願

ここ2ヶ月山に行くことも無くそろそろ禁断症状が出ていたおいらですが、そろそろ暑さも引いてきたのでどこかに行ってみたくなったので台風一過の昨日ちょっと行ってまいりました。場所は日光の細尾峠。とはいえ細尾峠越えが目的ではなく、修験者たちが修行の為に通ったとされる道を歩き、最近不甲斐の無い浦和レッズというサッカークラブというかコント集団に喝を入れるのが目的です。まあ、その道は禅頂行者みちといわれているくらいなので、そんなにはきつくないだろうと思っていたんですよ。だから体力の維持の為にとりあえず行ってみようかと。ええ、甘かったです。

始発で新越谷を出て、東武日光でバスに乗り継ぎ明智平には8時過ぎに到着。ちょっと休んだ後トンネルの脇の怪しげな上り口からミッションスタート。ロープウェイの展望台駅までは10分くらいのウォーミングアップにはちょうどいい登りです。んで、展望台駅から中禅寺湖と華厳の瀧を見ながら一休み。駅員の人に声をかけられたので少しお話をして茶ノ木平方面へ。

んでさあ、オレ忘れてたんだよ。このあたりの山は笹が伸び放題だって。よみがえる半月峠の悪夢。襲い来るグリーンモンスター。膝までならまだしも腰まで、所により首まで笹に埋まるんだもん。んで、足元が見えないから何度でも躓いて緑の海にダイブしちゃったりなんだり。

まあ、そうこうしてるうちに茶ノ木平に到着。うん、笹薮。んで、ここから細尾峠方面も笹薮でうんざり。ここでmiracleさん的笹薮での路の見つけ方。

  1. 遠目で見てなんとなく笹がへこんでるところが路。
  2. 踏んでみて硬いところが路。

ここから細尾峠まで下るわけですが、登りはまだ足元が目の高さで確認できたからよかったけど、下りは全く確認できなかったので躓く躓く。なんつーか超怖かった。んで、篭岩に着いたので早速祀られている神様にお参り。ここから地形図では登山道が尾根を忠実にトレースしているように見えるけど、実際はピークを巻いたりしているのでそこだけ要注意。踏跡を信頼して大丈夫。

んで、出発して2時間ほどで細尾峠に到着。久しぶりの舗装路。ここで休憩してコンビニのおにぎりを食べる。ちょっと周囲を散策してみたけど、落ち着いてみるともうそろそろ紅葉のシーズンで葉が色づいていたりしてた。あと、細尾峠旧道は崖崩れで車はもちろん歩行者も通行止だそうで厳重なゲートで封鎖されていました。んで、ゲートの前に一台とまっていたんですが登山者がここに放置して登りに行ったのかと思ったら中で人が寝ていたからちょっとビックリ。まあ、ガムテープで目張りをしていなかったから、単に寝ているだけだと思うけど…

気を取り直して薬師岳へ出発。ここへの登山道も大分地形図とは違うところについてます。そのまま上がっていくのではなく、一本南側の尾根に巻いているので注意。薬師岳山頂からは日光の市街がよく見えます。この日一番の展望。あ、忘れないように薬師岳の神様にもお願い。

ここから夕日岳方面へ行きますが、とにかくアップダウンが激しくて嫌になった。しかも夕日岳への分岐点となる三ツ目は見えているのにちっともつかない。登っては降りて登っては降りてのひたすら繰り返し。辛い。あと、ここでまた熊を見た。

やっとのことで三ツ目に着いて、この時点で12時半なので昼食にします。この日はスパゲティーにしました。しかし、塩を忘れたためなんかこう味気ないものにw まあ、山で食べる飯なんぞこんなものでちょうどいいのかも知れません。しばらく休憩して夕日岳の方に歩き始めますがここでアクシデント。左膝が猛烈に痛む。登りは何とも無いが下りで激しく痛む。こんな状況でなかったら立てなくなるくらい痛んだ。ちょっと考えて夕日岳はあきらめることを決断。無事に帰ることを優先する。まあ、無念だ。

んで、下山ルートだけれども現在地点が今日のルート最深部だけに進むか戻るかの決断しかなかったわけですが、戻ると一ヶ所よじ登ってきたところがあり、そこを今度は下らなければいけないので、地形図上それほどの下りが見当たらない進むコースを選択。これがよかったのかは今考えてもよくわからない。

三ツ目から地蔵岳は比較的緩やかな下りだったので、特に問題なく地蔵岳に到着。早速神様にお参り。んで、地蔵岳からハガタテ平への下りですが、ここも地形図と路が大きく異なっているので注意。しかも結構下りが急で左膝を庇うあまりに右膝まで痛み出す始末でつまるところmiracleさん大ピンチ。

ほとんど這うようにしてハガタテ平から下りに入りますが、もうこのあたりで余裕全く無し。頭の中は「早く帰りてえ」だけ。つーかさ、あんなの路じゃねーしw 岩や木の根はごろごろしてるし、平気な顔で水が流れてるし、つま先は何度もぶつけるわ転ぶわでもうしっちゃかめっちゃかで。あー、でもこのあたりの沢はきれいだったですよ。うん。

んで登山道出口周辺で今日初めて他の登山者に出会う。地元の方でこのあたりの山についていろいろ情報を教えてもらう。鹿沼つーか旧栗野町には色々面白そうなところが多そうなので行ってみたい。三枚岩とか井戸湿原とか。Wikipediaで見たら黒崎久志や若林学の出身地なんですね。若林は大宮で出場機会に恵まれないけど頑張れ。ああ、あとガッツさん(notガットゥーゾ)もここ出身じゃないですか。

そして今回の終点古峯神社に到着。両膝ともに激しく痛み神社の石段を登るのも辛いのですが、頑張って登って必勝祈願。そして巫女さんを堪能うぇwwっうぇうぇwwww しかも、最終バスをバス停で待っていたら巫女さんが帰宅の為に私服で登場。しかも胸が半分見えるような服着てるwwwwww自重wwwww

鹿沼市のリーバスは安いのですが、なんつーかまじめにやっているのか不安。だって停留所ガンガン飛ばすしw 「次は○○にとまります」ってアナウンスがあるけど、あれを飛ばすの。おいらが万が一途中で降りたらどうするつもりだったんだろう。一時間以上乗って400円なんてバスはそうそう無いからわかるんだけれども、真面目にやって欲しい。そういや、古峯神社から乗った人間以外に途中から乗車した人いなかったな。

んで、新鹿沼駅から東武線に乗って帰宅。ビールうめえ。

反省点はやっぱり膝。原因は多分下りの歩き方。普通に歩くとどうしても膝に負担がかかるので、多分うまい歩き方があるのだろう。つーか、調子にのってすっ飛ばして歩いていたせいもあるんだろうけど、こんな調子で足をいためていたら次の中ボス戦にいけない。アップダウンのある道への対応に考えさせられました。

んで、祈願の甲斐もあって浦和レッズは今日は勝ったようです。水曜日もホント頼むよ神様。

posted by ミラクルさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

神戸からの伝言

『おみず』のはなし

5.水の不思議

地球は、数ある惑星の中で唯一水の存在する惑星と言われており、地球の表面積の約70%は水です。また人の体の約70%も水です。水は私達の命の源です。人の体の約65〜70%は水で、新生児は80%、胎児は90%までが水です。また、受精卵にいたっては 96%が水だと言われています。そして年老いてくると、水分量は60〜50%にまで下がります。この数字の変化から、私達人間は水として生まれ、徐々に水分を失って死んでいくと言えるのではないでしょうか。

最近、この私達にとって非常に大切な水に、情報を記憶したり伝えたりしている可能性があるということが明らかになってきました。水を汲んだボトルに『ありがとう』や『愛』、『感謝』といった文字を書いた紙を貼り、凍らせた水の結晶は、とても美しく神秘的な形をしているのに、逆に、ネガティブな言葉『ばかやろう』や『殺す』などの文字を貼ったボトルの水の結晶は、とてもいびつな形をしていたそうです。水に音楽を聞かせても同じような結果が得られるそうです。興味のある方は、江本勝氏の著した『水からの伝言』を読んでください。

神戸市保健福祉局環境保健研究所になんか頭の悪い人が潜り込んでいるようです。こんなこと研究して金がもらえるとはいい商売だな。

posted by ミラクルさん at 17:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

夢を壊して非常に申し訳ないが

「元キャバ嬢」

ところで以下はまったくの「蛇足」ですが・・・。

お酒を飲むときは、女性従業員がテーブルにつかないようなお店で飲むのが好きです(そのほうが安いので)。とはいえ、ごくマレには付き合い(?)で綺麗なお姉さんたちが侍《はべ》る店に行くこともありますし、「コンパニオン」なる女性が同席する宴会にいくこともあります。

で、パッとしない容貌の中年男で明らかにおカネのなさそうな私ですから、そういう席で「モテル」なんてことは金輪際ありません。しかし、たしかにモテはしないけれど、接客のお嬢様たちに親切にしていただくことも少なくはないのです。

その秘訣は何か? 「喜八ログ」男性読者の方のため、特別に公開しましょう! それは・・・

  • 触らない
  • 威張らない
  • 説教しない

です。

これらを遵守すれば、お酒の場でお嬢さんたちとの友好関係を築ける可能性は高まるのです。「"でも、それじゃあ、面白くもなんともないね"」とおっしゃる男性が多いだろうことは織り込み済みではあります(笑)。

でも、赤の他人(の女性)相手に威張ったり説教したり、あるいは触ったりしても、ぜんぜん面白くないぞー! それよりは「袖振り合うも多生の縁」で、ささやかな信頼関係を築いたほうが楽しい。というのが私(喜八)の流儀なんですね。別に「いい子ぶってる」わけではなくて、淡々とそう思います。

それは単に営業されて喜八がいい気持ちになってるだけだと思うよ。つーか、「こういうお客さんにはこうアプローチしろ」という極めてマニュアル通りの対応だと思う。いやあ、女は怖いですなあと昔はよく思ったものだ。

ちなみにおいら的には太田和美はキャバ嬢として成功していたのだったら、個人的には尊敬できると思う。うまくいっていなかったとしたら人間的に何か問題があるのだから政治家として一票を託すには如何なものかと思う。

まあ、そんな事いったって昔学生運動を一生懸命やってた女なんかはオルグと称してキャバ嬢みたいな事をやってたわけだしさあ。

ラベル:喜八
posted by ミラクルさん at 00:04| Comment(13) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

盗んだソースでコンパイル

「IT製品、ソースコード開示せよ」…中国が外国企業に要求へ

中国政府が外国企業に対し、デジタル家電などの中核となる製品情報を中国当局に開示するよう命じる新制度を2009年5月から導入する方針であることが18日わかった。

対象はICカードやデジタル複写機のほか、薄型テレビなども含まれる可能性がある。開示を拒否すれば、その製品の対中輸出や中国での現地生産、販売が一切禁止される。企業の知的財産が中国企業に流出するおそれがあるほか、デジタル機器の暗号技術が中国側に筒抜けとなる安全保障上の懸念もある。経済産業省や米通商代表部(USTR)などは制度の撤回を強く求める構えで、深刻な通商問題に発展する可能性がある。

中国は、新制度を「ITセキュリティー製品の強制認証制度」と呼んでいる。具体的には、対象となる製品について、デジタル家電などを制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示を外国企業に強制する。対象製品は、開示されたソースコードに基づく試験と認証機関による検査に合格しないと中国で製品を販売出来ないという、国際的に例のない制度だ。

新制度の対象としては、ソニーが開発した非接触ICカード技術「フェリカ」や、デジタル複写機、コンピューターサーバーなど、暗号機能が含まれる製品が有力。

中国政府は、ソースコードの開示を求める狙いについて、ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスや、コンピューターへの不正侵入を防ぐためと説明している。

しかし、開示内容が中国政府を通じて中国企業に漏れる恐れはぬぐえない。そのうえ、日本製デジタル機器の暗号情報も見破られやすくなり、中国の諜報(ちょうほう)活動などに利用される懸念も指摘されている。

業界団体の試算によると、日本企業の対象製品は、現在の中国国内での売上高で1兆円規模に上る可能性がある。在中の日米欧の経済団体は、連名で中国当局に懸念を表明する方針だ。

懸念を表明って対応がやさしいですね。おいらだったら即刻中国から出て行くけどな。んで、ベトナムや台湾のような知的財産をきちんと理解しているところでビジネスをするよ。つーか、日本でも中国企業の製品のソースコードを公開して…とか思ったけど、そんなもん公開されてもなんのメリットもないね。

ラベル:中国
posted by ミラクルさん at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 特定アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一方miracleさんはJavaScriptをマスターした

なんちゃってプログラマJitohたんの今日のたわごと。

動的言語

Webアプリケーション開発で、もしもクライアントサイドスクリプトの利用が避けられないとするならですが、サーバサイドも同一の言語で書ければ、理想的です。

基本的にASPというのはプアな能力しかもたないVBプログラマが職にあふれないための手段だと認識していて、HTTPを理解してあれこれやるための手段としては(.netも含めて)ASPでは弱いと考える。また、クライアントサイドでエージェントとして動くのは主にブラウザのため、ブラウザ上のオブジェクト操作にはJavaScript以上に優れたものが存在しない。

つまり、Jitohたんのいうようなサーバサイドも同一の言語で書ければ、理想的です。というのは開発者にとって理想的なものであり、アプリケーションやおそらくユーザにとっても理想的なものではない。

思うに、どんな言語も適材適所であって、PHPにはPHPの、JavaにはJavaの、JavaScriptにはJavaScriptのよいところがあり、ひとつの言語だけで全てを賄おうとするのはある種の横着だと考える。そんな馬鹿がMS系の技術者に非常に多いことが嫌で、おいらは極力その方面に関わらないように生きている。きっと近寄ったら堕落するに違いない。こういうおいらでさえ必要であればCにも触り、C#も面白そうだなと思うのに、JavaScriptに触れないでWebアプリ作ろうということがもう間違ってるだろ。

まあ、JitohたんはVB系のヌルい案件で細々と飯を食っていくがよいよ。VBプログラマがなんかツールでフォーム部品をこねこねやってるの見たことあるけど、あんなのコーディングじゃない。


ラベル:ASP.NET javascript
posted by ミラクルさん at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

マンチェスター・サンバ同好会

デブがマンCのオファーに興味「ホビーニョと僕で50ゴールは決められる」

マンチェスター・シティ(マンC)と交渉中であることを認めた元ミランのデブは、マンCから提示されたクラブの新しいプロジェクトを大いに気に入っており、冬の移籍期間にイングランド・プレミアリーグに移籍する可能性をほのめかしている。

9月22日に32歳になるブラジル人FWは、左ひざの故障で2008年2月13日のミラン対リボルノ戦以来、プレーから遠ざかっている。今年6月にミランが契約を延長しなかったため、現在はブラジルのフラメンゴでリハビリに励んでいる。

過去、PSV、バルセロナ、インテル、レアル・マドリーでもプレーしたデブは、現時点でフリーであり、マンCの新オーナー、アブダビ・ユナイテッドグループからのラブコールに心が動いているようだ。
「(マンCが)僕に示してくれた“クラブを世界一にする”というプロジェクトは、非常に興味深い。僕はその役に立てると思う」

今のところ“一番条件が良い”というマンCからのオファーに対し、デブはすでに「ホビーニョと一緒にサンバを踊ること」を頭に描いているようで、「僕らふたりで50ゴール以上は決めることができる」とまで宣言している。

しかし、そのためにはまず故障から完全に回復することが条件となる。2月に左ひざの膝蓋骨腱(しつがいこつけん)を負傷し、手術した際には、回復まで9カ月を要するとの診断が下されてた。今回のひざのけがは過去の古傷とは異なるものだが、1月までに完全に復帰し、プレーできる状態に仕上げる必要がある。

ホビーニョのサンバ仲間にジョーでは不満があったか。アラブのお大尽は本格的にシティをサンバクラブにするつもりだな。

一方、ホビーニョに逃げられたシェスターも結構酷いことを言っています。

シュスター監督がシティを二流呼ばわり

レアル・マドリーのシュスター監督が、『クアトロ』TVのインタビューでマンチェスター・シティへと移籍したホビーニョの考え方を批判した。

「個人的にホビーニョについては落胆した。彼はマドリーにいれば栄光を勝ち取れただろう。それに我々は彼を欲していた。しかし、優秀な選手である彼がイングランドの二流のチームでプレーするという夢を理解しなければならない。彼の考えを尊重しよう」

ドイツ人流の皮肉でホビーニョを一刀両断した監督は、ホビーニョの生活にも問題があったと付け加えている。

「私は選手たちに万全のコンディションを望む。勝手にあちこちうろついて、次の試合に選べないのは困る。その点では、少しの不満を持っていた」

まあ、二流どころか今後は…ねえ。

posted by ミラクルさん at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よかったなあ

モウリーニョに感謝する鬱病患者

17日に行われたCLグループリーグ第1節で、パナシナイコスを2−0と下したインテル。終盤に追加点を挙げたFW鬱病患者は、試合後のイタリア『スカイ』のインタビューで、モウリーニョ監督へ感謝の言葉を述べている。

−今夜の試合については?

「また試合に出られてハッピーだった。長いことインテルのユニフォームで試合に出ていなかったからね。モウリーニョ監督がこの機会を与えてくれたんだ。今はこうやって続けていけることを願っている。監督は僕に大きな信頼を寄せてくれる。僕が常に、毎日の練習で頑張らなければいけないと言いながら、本当に助けてくれたんだ。そうやってやる気を出させてくれる監督となら、いいプレーを再びするようになるのはずっと簡単になるんだよ。モウリーニョ監督は素晴らしいパーソナリティーをしている。彼は全員を信頼しているんだ。ベンチに残っている選手にもね。そして、試合に出る者はやる気に溢れるんだよ」

−アドリアーノが復活したのでしょうか?

「徐々にそうなっていくさ。以前の僕に戻るためには、まだまだ働かなければいけない。こうやって続けて、ピッチで頑張れば、すぐに戻れるはずだよ。ケガで1ヶ月戦列を離れたし、まだ100%ではないけど、来月にはそうなれるだろうね」

鬱病を治すのに必要なのは信頼なんだ。サンバじゃない。

posted by ミラクルさん at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルへルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は感情に流されるものさ

講演:死刑廃止運動の安田弁護士、裁判員制度の問題点を指摘 /山口

死刑廃止運動に取り組んでいる安田好弘弁護士(60)=第二東京弁護士会=が13日、山口市亀山町の山口カトリックセンターで「生命を守るたたかいとは−裁判員制度と死刑」と題して講演した。アムネスティ・インターナショナル日本山口グループ(山口市)の主催で、市民ら約100人が参加した。

安田弁護士は、光市・母子殺害事件の差し戻し控訴審や和歌山カレー事件などで主任弁護人を務めた。

安田氏は来年5月からスタートする裁判員制度について持論を展開。被害者の家族らが法廷に参加した場合について「泣き崩れ、被告を死刑にしてくれと叫んだらどうなるか。市民裁判員は感情に支配された判決を出す恐れがある」と指摘した。

また、理由なく裁判員になることを拒否すると過料を受けることなどを説明し「裁判員制度は21世紀の徴兵制」と言い、問題が多い制度だという認識を示した。

安田の理論は幼稚だ。「被告が泣き叫んで死刑にしないでくれと叫んだらどうなるか」と言い換えることもできるからだ。つまるところ人は感情に流される生き物であり、裁判官や検事、弁護人といえども例外ではない。そこをどのように担保するかというと、法曹に対しては高額の報酬とプロ意識によって担保して、裁判員に対しては数を集めることで担保するという手法は間違っていないと考える。

まあ、大体お前だって「死刑はよくない」という感情に流されているじゃないか。訓練されていない国民が感情に流されることを非難するなよ。だから、人は感情に流されるものということを認めることが大事で、感情に流されるからだめだというのは前提条件が違う。それに、集団の中ではあまり感情に流されない人の言うことが重んじられると思うよ。

しかし、裁判員の集め方に問題があることは大いに認める。「徴兵制」というのはサヨク特有のレッテル貼りだが、今おいらが呼ばれたらとっても困る人がいるだろう。しかしそこは「裁判員として呼ばれたら市民の義務を行わなければならない」というモラルを作るしかない。歩きタバコを吸わないというモラルも確立されつつあるじゃないか。人は新しいモラルに対応する能力は十分にある。信じよう。

ラベル:安田好弘 死刑
posted by ミラクルさん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

経営陣とサポがキチガイのクラブなんぞ誰が買うか

ボロカッスル会長:「これは狂気だ」

ボロカッスルのマイク・アシュリー会長は、クラブを売却するつもりであると発表している。キーガン前監督は会長との対立で辞任。これによりファンの反感を買った同会長は、精神的にも疲れている様子だ。

『スカイ・スポーツ・ニュース』で、アシュリー会長が次のように話した。

「監督が代わるたびに、たくさんの金銭が新しい選手のために使われる。そして、選手を売ることでたくさんの金銭を失うんだ。そんな動きは続けられない。これは狂気だ」

「ボロカッスルはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーのような利益を生まない。私はマイク・アシュリーであり、億万長者ではないんだ。我々にはそれをする余裕がない」

んで、早速アラブのお大尽にヘルプを求めに走ったようです。

ボロカッスル買収にDICが動く

ボロカッスルのマイク・アシュリー会長は14日、クラブを手放す意思を明かしている。キーガン監督を辞任に追いやったことに不満を持つボロカッスルのファンは、アシュリー会長を支持していない。同会長は家族の危険も感じているという。

そこで、「クラブを手放すつもりだ。ファンが望んでいることだろう。次のオーナーに大金を出してもらえばいいことだ」と声明を出していた。

実際にクラブ売却の話が動きだしているようだ。すでにボロカッスルの役員であるトニー・ヒメネス氏が、中東へと飛んだと伝えられている。交渉相手は『ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)』。かつて、リーガプールの買収を目指していた投資会社である。

アシュリー現オーナーは、2007年5月に約1億3500万ポンドでクラブを買った。そして、それを下回る額で手放すつもりはなようだ。

お前ら全員一回入院しろ。

posted by ミラクルさん at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマ市民の娯楽

城内実のサイトで柳生昴が暴れているらしい。

◎ 政 治 ◎ 「無所属良品」

26.柳生昴

2008/09/15 17:08:34

私はセクハラなんてしていないよ!

向こうがヒステリーなだけさ。

三輪や浪人・喜八の方が私に対してどれほどセクハラや名誉毀損をしていることか!

そっちの方は問題にしないんだねぇ・・

35.喜八

2008/09/15 20:41:35

私(喜八)はあなたに「セクハラ」なんてしていませんよ〜。気持ち悪いことを言わないでください(笑)。

42.柳生昴

2008/09/16 0:41:15

三輪・喜八・浪人は「官僚利権blogger3悪人」ということは間違いない! のですね?

あと、なんか城内のイベントに柳生が誘われたらしいが、

◇ コ ラ ム ◇ ブログへのコメント

35.喜八

2008/09/10 9:27:31

柳生昴さんはご自分に都合の悪いコメントはすぐさま削除しますし、批判的なコメンターを「書き込み禁止」処分にするのも早いです。

おそらく第三者さんも即効で排除されるでしょう(笑)。

ちなみに私(喜八)は柳生さんのブログ「太陽の帝国」で、すでに「書き込み禁止」処分とされています。

それでいて柳生さんは(表向きは)私に討論を呼びかけているのです(ヤレヤレ)。木下統さんが指摘されていますように、柳生昴さんはほうぼうのブログで「ご活躍」されています。

その熱心さを見るにつけて「やっぱり『お仕事』なのかなあ」という思いを禁じえません・・・。

49.柳生昴

2008/09/11 15:40:48

公正で開かれた討論会であるのは当然ですが城内先生が現在リンクしている「浪人」氏ここのコメント常連の「喜八」氏も討論会にお呼び下さい。

両氏は私に「出て来い!」などと言っておりますので私も両氏にも「出て来い!」と言いわせてもらいます!

それでも当日両氏が出て来ないなら開口一番「喜八・浪人は弱虫で卑怯者だ!」と言ってやります。宜しいですネ?

50.喜八

2008/09/11 17:36:49

あれあれ(笑)。

また、ウソデタラメのつき放題ですね。

私(喜八)が何時どこで貴方に「出て来い!」と言いましたか?具体的に指摘してください。

60.柳生昴

2008/09/12 16:19:49

城内先生

討論会をやるなら喜八・浪人の両氏も呼んでください。

彼らは私が討論会を受諾した後も私を誹謗中傷していますから。陰でコソコソ私の悪口を言いながら「出て来い!」と言えばウロチョロ逃げ回る・・・

まことに卑怯で男ではありません! 日本人の恥です。なぜ堂々と出て来られないのか?

それが参加の条件ではありませんが出来ないなら彼らをリンクから外すべきでしょう!

信念の政治家:城内先生の品性に関わりますから・・・

おいら的には「お前らチェーンソーを貸してやるから早く殺しあえ」という感じです。ローマ市民がコロッセオに出かけるのもこんな気分だったんでしょうな。

ラベル:柳生昴 喜八
posted by ミラクルさん at 12:54| Comment(7) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

削除依頼アリ

一年以上前の記事に削除依頼が来たよ。

From: xxxxxxx@tsuru.ac.jp

Subject: 削除依頼  本人‏

探偵フアイル記事の被害者です。記事は名誉毀損によりすでにさ削除されています。都留文科大学のアドレスから送付します。以下のような該当箇所、関連箇所のの削除をお願いします 「2007年01月25日 敵は調子に乗ってきた模様です 都留文科大学の辺英浩教授から削除依頼が来ました。」

確かに探偵ファイルの当該記事は現在403が返ってきて閲覧は出来ない状態になっている。ただ、名誉毀損で削除されたのかと考えるにはちょっと疑問がある。この記事以外の多くの記事が同様の処理をなされていて、過去記事はベストセレクションのような感じにまとめられているからだ。つまり、探偵ファイルの社内事情による権限変更であり、名誉毀損とは関係がないのではないかという疑念がある。よって素直にはいそうですかとはとてもいえない。

まあ、あれだ。対象の記事の冒頭に「現在、探偵ファイルサイト上から元記事は閲覧できない状態になっています」と一文入れるところまでが関の山だな。

つー訳で返信。

miracleさんことシノザキです。メールありがとうございます。

ます第1に、他人様に何かを依頼する際には名を名乗るのが礼儀なのではないでしょうか?

# このメールアドレスを使用しているのが辺英浩氏なのか確認が取れないということです。

# せめて、名乗っていれば「これは私が送ったものではない」と辺英浩が言い張ることは不可能です。

第2に削除せよとのことですが、名誉毀損にあたるから削除されたのか疑念を持っています。裁判所から命令が出たとか、探偵ファイルと示談したとかそういう証拠を提示していただかないと、前向きな返答は出来かねます。

第3に、当該記事はtorix氏の所に怪しげな削除要請が来たということがメインであり、そのこと自体は現在でも確認できる事実であるため、掲載を継続することは問題ないと考えています。

なので、現状では当該記事に「現状、この記事は探偵ファイルから削除されています。」という一文をいれて対処しようと思います。

以上です。

なおこの件は一切を私のblogにて公開させていただきます。

posted by ミラクルさん at 15:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げんなよ

ガスコイン、家族に「静かに死なせてくれ」と懇願

元イングランド代表のポール・ガスコインは、41歳にして死を覚悟しているようだ。重度のアルコール依存症を患う“ガッサ”(ガスコインの愛称)の容態は日ごとに悪化しているが、本人に回復を望む意思はないという。

アルコール依存症の影響で命を落とした伝説の北アイルランド人プレーヤー、ジョージ・ベストの妻アレックス夫人が、数日前に「ガスコイン救済」を懇願したばかりにもかかわらず、ガスコイン本人は回復の可能性をまったく放棄している。

ガスコインは12日、入院先のポルトガルのトゥネスの病院から逃げ出し、ビラモウラにある5つ星ホテルに身を隠していた。前妻シェリルさんと娘のビアンカさんがリハビリに戻るよう説得しようとしたが、本人は「クソ食らえ!」と一蹴した上、2人に対して「出ていけ! 静かに死なせてくれ!」と懇願したという。

逃亡から数時間後、地元警察は、1人の女性に付き添われた半ば意識不明のガスコインを発見し、救急車を呼んだ。ガスコイン周辺の情報筋は、『ザ・サン』に「薬とアルコールを飲み過ぎて、ホテルで騒動を起こしたらしい」と明かしている。

医師によると、ガスコインの胃はひどい状態で、『ザ・サン』によれば、「(病院に運ばれた時は)薬の過剰摂取ですぐに胃の洗浄を受けなければならなかった」ほどだったが、後に本人は「腰を折ったから治してもらいに来た」と冗談まじりに弁解したそうだ。

いずれにしても、ガスコインの回復はほぼ絶望的だろう。現在の精神状態では、ガッサの救済は神に祈るしかなさそうだ。

あれだけの才能があって皆に愛された人間が生きることから逃げるのか。ふざけるのもいい加減にしろ。奥さんや子供と一緒にゆっくり治していけばいいじゃねえか。サッカーで飯が食いたいって言えばいくらでも世話してくれる人もいるだろうよ。

ああ、こうも偉大な選手がこんなになっちゃうのは悲しくて何とかしてもらいたいな。

posted by ミラクルさん at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルへルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

覚悟とは2

おしょうが逃走しました。

まあ、なんつーかここまでいろいろ見てきた人間ならそんなことで逃走にも何にもならないことはよくわかってると思ったけど。昔はおいらのblogにもコメント入れてくれた人なのであんまきついことも言いたくないが「お前馬鹿?」

せめてさー、宇留嶋さんを変態ストーカー呼ばわりしたことはきちんと謝らないと人間としてどうかと思うよ。裏で何があったのかアレだけど、撤収するならそこはきちんとしないと。あんたのいう「日本人の誇り」って一体何さ。

んで、まあお約束の魚拓。当然ここまで言い切ったからには魚拓張られて未来永劫晒される覚悟も存在したわけだよね。まさかそんな覚悟無しに以下のように言っていたわけですか?

変態ストーカー野郎が、平成19年10月3日よりシリーズとしてエントリーした記事は、「万引き被害者威迫事件」と題して、上記引用から始まります。

さすが、創価学会御用ライターと噂されるだけあります。見上げた根性です。

ちなみに、店主は創価学会員かどうかは判りませんが、少なくとも「聖教新聞」を購読しているとのことです。

さて、私は初めに「びっくりドンキー」と聞いた瞬間、「???」と思いました。

念のため「創価学会 びっくりドンキー」とネットで検索したところ、見事にヒットするではないですか。

こういう適当なことを書いて全部エントリ消して許してもらおうと考えることがどうかしている。おいら刑事事件の証拠にするからIPアドレス出してって言われたら出すよ。

posted by ミラクルさん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

覚悟とは1

なんか荒井さんがライトウイングの人に叱られたらしい。

お前らネットの人間てのはな、遠くからコソコソやるだけだからダメなんだっつうの。ネットで啓蒙活動するのもいいだろうけどな、オレらは現場主義であることが第一なんだよ。意味がわかるか?新風の主張がおかしい、天ぷらだってんならな、お前が直接瀬戸の所に出向くか呼びつけるかして話つけりゃいいだろ?

瀬戸は創価を憎悪してるから、100の内1でも穴があればそこに突っ込んで行くんだよ。現場主義ってのが右翼の基本なんだから、そりゃ東村山で街宣もするだろう。それは仕方ない。

だからお前がそれを否定したい、守らなきゃならない弱い人間がいるってんならな、まずはお前が身体を張って瀬戸から守ってやれよ。瀬戸が現場主義でやってんだから、お前も堂々と姿を見せて正面からぶつかれ。それが右翼の世界の礼儀だっての。

オレら右翼の人間ってのはな、法で裁けない巨悪を叩くことが目的なんだよ。それが存在意義なの。わかるか?

例えば南京大虐殺や朝鮮侵略なんてふざけた話があんだろ?あれなんかそんな事実はないってのに 「嘘もつき続ければ本当になる」 と繰り返し繰り返し宣伝されてな、それで無知な国民が 「ああそうなんだ」と信じてしまったんだよ。だから街宣でも文章でも宣伝ってのがそれだけ大事だってことなんだよ。

もしお前が瀬戸の言い分がおかしいと主張したいなら、どうでもいい所で手打ちしようとか、訴えて終わりにしようとか考えないで徹底的にぶつかれ。お前自身が身体で瀬戸にぶつかれ。判決がどうとか言ってるだけじゃ届かねえんだよ。

相手に伝わるように筋を通して抗議しねえと瀬戸達はお前らの言い分を理解しねえし、東村山への攻撃を止めねえぞ?あいつらはそれが正義だと思ってやってんだからな。まずはお前が瀬戸に届くように主張しろ。

100の内1でも疑わしかったら社会正義の名の下に突っ込むのが右翼の仕事だ。その点だけを考えたら新風は "右翼としては" 間違っちゃいない。方法が間違ってて法によって裁かれることになったとしても、それはそれで瀬戸も覚悟の上で本望だろう。あいつが本当の右翼者ならな。

そういう現場主義の右翼の主張を引っくり返したいなら、お前も右翼の流儀を勉強して堂々とやれ。

それに瀬戸やオレらのメンツなんて気にして動けるほどお前は大物か?オレから見たら尻の青いガキだろ?だったらわき道ばっか見てねえでガキらしく正道を行け。それで徹底的にやれ。その上で何か困ったら話持って来い。

まずは相手が右翼だってんなら右翼としてお前が筋を通して直接話をしろ。インターネットだけでガチャガチャやって解決できるだろうなんて甘ったれんな。

瀬戸の言い分がおかしいと思うなら徹底的に書け。それでネットに書くだけじゃなく瀬戸に直接会って 「弱い者イジメしてんじゃねえ!」 と抗議しろ。それでダメなら相手が音を上げるまで徹底的に書いて 「瀬戸はおかしい!」 と宣伝しろ。

理解できる部分と理解できない部分がある。

結局のところおいらが頭に来る原因というのは法で裁けない巨悪を叩くという思い上がった精神なのだ。悪かどうかを判定するのはつまるところ法律にしかなく、それを否定するのはどんなものであれ排除しなければいけないと思う。100のうちひとつでもおかしいと思ったら突っ込んでいくような馬鹿は黙っていろといいたい。しかし、この荒井さんに説教をした方もその世界では立派な方なんだろうし、ああいう世界でのし上がった方というのはきっと尊敬できる何かを持っているとは認識している。間違っても三省堂書店で本を6冊万引きするようなことはしないと思う。

思うに、宣伝にもいい宣伝と悪い宣伝があり、事実に基づく正しい主張を法に則って主張するのは必要だと考えるのだが、事実に基づかなかったり、間違った手法で宣伝しているのは最早排斥すべき対象でしかない。そして、ネットの普及によりよい宣伝と悪い宣伝を見抜く力というのはみんな確実に上がってきていると認識している。この方が仰るような無知な国民というのは存在しないと思ってよいのではないかと考えている。ついでに南京大虐殺も従軍慰安婦もよく知られるようになったのは右翼の街宣によってではなく、研究者の地道な調査と、公開された資料に誰でもアクセスできるようになったことが大きい。「作る会」や「ゴーマニズム宣言」のようなセンセーショナルな手法も効果は大だったろうと思う。

しかしながら、このように正論を正しい方法で広めてコンセンサスの熟成を待つ方法は時間がかかることは認めるし、今現に矢野穂積や瀬戸弘幸の被害にあっている人間にはひょっとしたら無力かもしれないということは認める。そして、それでは意味がないということも。で、あるならばこの方の言うような手法も取らざるを得ない。そう考えると実にありがたい説教だとも思えてくるのだ。

まあ、なんつーか本当においらが東村山市の置かれた環境に同情してなんとかしたいと考えるならば、もう少し覚悟を固める必要があるのかもしれない。新風が馬鹿をやるのをネットを通じて晒し上げるのは非常に楽しいが、それで困っている非のない方々というのは確実に存在するのだ。清濁併せ呑む必要があるのかもしれない。しかし、この言葉を自分で口にする人間というのは往々にして濁しか呑んでいないので、この言葉は余り好きではないのだが。

posted by ミラクルさん at 23:40| Comment(3) | TrackBack(1) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

叩き出せ

フテキセツな人のところで拾った画像。

11_9jo0.jpg

まあ、ぶっちゃけ野球場でそういうことをする分にはおいらとしてはどうでもいいと思うのだがw 選手に対してエールを送る場で試合に関係ない自分達のアピールをしなければならない根性は気に入らない。こいつらが全員死んでも惜しくはないだろうけど、きっと訳のわからないうちに板をもたされた人がいたんだろうな。

これで思い出すのが何度でも言うけどレッズ&ピースで、関係のないところですらこういうアピールをしたくてたまらない習性を9条信者は持っていると判断せざるを得ない。キチガイとしか言い様がないだろ。まあ、うぃーあーさん達は全力で大野勢太郎をはじめとするキチガイどもを葬り去ったのはよかったと思うし、野球場もこういう試合に全く関係のない政治的アピールをする馬鹿はどんどんつまみ出す方向で話を進めないときっととんでもないことになると思うんだ。

ある種の政治的アピールに埋め尽くされたスタジアムがどれだけ醜悪なものかこいつらには想像できないのか。1999年10月のザグレブのユーロ予選でも見てろ。お前らのやりたいことはあれと同じなんだよ。

ラベル:9条 プロ野球
posted by ミラクルさん at 14:34| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半島から出てくるな

国民34%「法どおり暮したら損」

国民10人中6人は「法がよく守られていない」と思うとし、その理由は「法どおり暮したら損」という認識のためだという調査結果が出た。また、インターネットの実名制には多数が肯定的な意見を持っていた。

韓国法制研究院は10日、ソウル太平路韓国プレスセンターで「2008国民法意識調査研究最終成果発表会」を開いて、アンケートの調査結果を発表した。

この団体は4月30日〜5月31日、満19歳以上の一般国民3007人を対象にした世帯訪問面接調査を実施し、調査の信頼水準は95%、標本誤差は±1.8%である。

損とか得とかそういうもんじゃないだろう法って言うのは。理解できない野蛮人の皆さんは半島から出てこないでください。

posted by ミラクルさん at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 特定アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

鬱病への効果的な薬

鬱病患者、あらためてモウリーニョに感謝

インテルFW鬱病患者がイタリア『スカイ』のインタビューで、モウリーニョ監督にあらためて感謝の言葉を贈っている。

「モウリーニョがいるのは非常に重要なことだ。僕がマンチーニ(前監督)といい関係になかったのは周知の事実だろう。モウリーニョはずっと僕を大きく信頼してくれた。アルヘンティーナとの試合の時に彼は来てくれて、話をしたんだ。このことは、僕にやる気を与えてくれた。信頼してくれる監督がいれば、勇気も増すってものだからね。選手にとっては非常に大事なことなんだよ」

「彼は常に僕がピネティーナ(インテル練習場)にいることを望んでくれた。インテルに戻ってリベンジする意欲がさらに湧いたよ。彼は素晴らしいパーソナリティーの持ち主なんだ。話をしたければ、顔を見て話す。彼は僕にこう言ったんだ。『私は君が好きだし、計り知れない能力を持っていることも知っている。評価しているよ。だが、私はバカじゃない。子供たちを指揮しているんじゃないんだ。君には毎日の練習で全力を尽くし、試合に出るためのすべてをやって欲しい。私は君を信頼したのだからね』

「それから、『私にとって君はナンバーワンのストライカーだ』とも言ってくれた。毎週のリーグ戦やCLでスタメン出場するために、これが毎日のやる気になるはずだ」

示唆に富んだ話だと思う。全ての鬱病患者は好きで鬱病をやってるわけじゃない。鬱病を治して社会でバリバリ活躍する自分を夢見ている。ただ、自分ひとりではどうにもならなくて、周囲の支えが必要で、一番の支えがやっぱり信頼なんだよね。

信頼してもらえるからこそ、毎日がんばってベストを尽くそうと思えるし、それがなかったらとても社会でやっていけない。ただ、人の信頼というのは無制限ではないのであまり裏切り続けても鬱を酷くするだけだ。ジョゼは信頼の代償として毎日の練習で全力を尽くし、試合に出るためのすべてをやって欲しいといっている。短いスパンでやる気を確認するというのはすごく鬱病患者にとっていいことだと思う。精神科医じゃないのだが、誰かアドバイスしているのだろうか。ともあれ、今年の鬱病患者は期待してよいと思うんだ。ズラと2トップは見てみたい。とりあえず、日々の練習でいい鬱病患者を見て貰えるようにがんばれ。


posted by ミラクルさん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルへルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇気を持て

元イングランド代表のガスコイン、アルコール依存症は深刻

イングランドのメディアによると、元イングランド代表MFのポール・ガスコインのアルコール依存症はかなり深刻で、極度のうつ状態に陥っているようだ。

ガスコインは、自身が大ファンであるヘビーメタルバンド「アイアン・メイデン」のコンサートツアーに参加するためにブダペストを訪問し、バンドメンバーと合流。彼らいわく「ろくに話もせず“悲劇的な量”の酒を飲んでいた」というガスコインは、その後失踪(しっそう)。彼の母親は公の場で息子の捜索を依頼していた。

結局ガスコインは、ポルトガルのリゾート地アルガルベに姿を現し、幼なじみの友人とともに常軌を逸した量を飲酒している場面を目撃された。目撃者によると、彼はウイスキーのダブルを続けて20杯以上も飲み干したという。支払いをめぐってウエイターと口論になったガスコインは、警察に付き添われ宿泊先のホテルに戻ったという。

アルコール依存症から抜け出せず、自殺未遂を起こすなど精神的に不安定な状態にある41歳のガスコインは、このまま飲酒を続ければ命を落とす危険性もあると危惧(きぐ)されている。

ガスコインは、15万ユーロ(約2235万円)の費用をかけ、ロンドンのプライオリー病院で2カ月間、アルコール依存症克服のための治療を受け、最初の妻であるシェリーともよりを戻すなど、社会復帰に向けて順調に回復していると見られていた。

スパーズやイタリアで見せたあの強くて陽気なガッザに戻ってほしい。世界中がガッザに立ち直ってもらいたいときっと思ってるよ。だから勇気を持って病気に立ち向かってほしい。がんばれ。

posted by ミラクルさん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルへルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

実にうらやま…いや怪しからん

グーグルが女子高に侵入して撮影した事例

しかし最近高木先生は一日中googleストリートビューに張り付いているのだろうか? いや、この件は重大だと思うんだけれども何となく高木先生がgoogleの問題を探し出すために全国の女子高をくまなくgoogle mapで徘徊している様を想像するとちょっと。

ラベル:高木浩光 google
posted by ミラクルさん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他Web技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入社希望受付中

久々にdqnhommeの日記を見ていたらこういうコメントを見つけた。

告発します

私の名前はリカといいます。とある秘密文書(実は某有名政治家からいただいた資料ですが)を入手しましたので、真実について書かせていただこうと思います。その文書によりますと、「ネットウヨ症候群」と呼ばれる風土をインターネットマーケティング会社であるEVA(イーヴイエー:反対から読むとアベ)が創り出しているとのことです。

これまでに起こった事件はすべて、以下のルールに基づいています。

  • ルールX(リベラルブロガーの対抗言論)
  • ルールY(批判者の登場)
  • ルールZ(リベラルブロガーへの批判を容認する土壌)

の3つから構成されています。

驚くべきことに、いままでの事件はすべてこの三つのルールを踏み外さない形で起こっています。黒幕的存在は2ちゃんねるです。EVAは2ちゃんねると資本関係があり、中央政界とも太いパイプをもっています。

◆秘密結社【2ちゃんねる(にちゃんねる)】

日本に存在している秘密結社。所謂右翼派閥の1種で、中央政界と極めて太いパイプをもつ。EVAにも2ちゃんねるの人間が数人紛れ込んでいる。

【EVA(イーヴイエー)】

静流が指揮権を握っている2ちゃんねるに属する部隊の一つ。機密保持・風評流布を専門とし、ブログ界においては主に対抗言論を片付けることを仕事としている。miracleとdqnhommeもEVAの人間である。

【緊急マニュアル69号】

現体制への批判がネット上で行われ、それが有効であると2ちゃんねるで認められた場合に行われる最終作戦。風評を流布することにより、2ちゃんねるや現体制への批判を行うものを妄想狂として排除する。権威を貶めるためなら、大学教授・研究生・SE等の工作員を使い、大々的に陰謀行為を行う。

みなさん、目を覚ましてください。

そして、戦ってください。

静流さんがいまあまりアクティブじゃないからおいらが替わりに入社希望を受け付ける。君もEVAで活躍しよう!

なんてことが本当にあったらいいなあと考えました。助けて緊急マニュアル69号。

ラベル:ネットウヨク
posted by ミラクルさん at 18:38| Comment(10) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当にお前ら南京が大好きだな

この間専務様につれてってもらった中国パブで「いや、所謂南京大虐殺はお前らの方が悪いよ」と女の子に言い放ったオレ様参上! しかし「南京には人の心を狂わせる魔力がある」というのは実に正しいですね。

んで、この件なんだけれども、そもそもTamanegiさんが30万人説は嘘っぱちという一言から端を発していて、それがここまで伸びることにおいらとしては驚きを禁じえません。うはー君たちすごーい。おいらは今いろいろと忙しくてとても参加できる状況には無かったのですが、本当に君たちは南京が大好きなんだね。

んで、Tamanegiさんが下手打ったのはもうただ迂闊だったとしかいいようが無いんだけれどもw 誰があの一言からここまでの超展開を予想したよw ただ、「日本軍が30万人を不法に殺害したという根拠が無ければ嘘」という認識は間違っていないと思うし「嘘であることを立証しろ」というのは無茶だと思っている。ここは問題ない。いや、反論を書かれているのは承知しているんだが、今忙しいので確認していない。

んで、本来議論の進め方としてここが解決されない限り先に進んでもしょうがないだろ。まず目的を設定して、お互いに議論の進め方でコンセンサスをとった上でないとお互いに史料を投げ合うばかりで何も話が見えてこないのね。だから小川さんにあきれられてしまうのだ。あえて言うけど君たちは馬鹿か。

まあ、おいらは1万人でも30万人でも100万人でも13億人でも中国軍の方に責任があると考えているから数の話は興味ないんだけれども、数とか責任論の前にプロトコルをしっかりしてから話をするべきだと強く思う。だからTamanegiさんは最初の段階で「そんなたとえ話に本気で突っ込むな」というべきだったんだ。

ラベル:南京事件
posted by ミラクルさん at 16:30| Comment(5) | TrackBack(1) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ穴に落ちないようにしましょう

腕の付け根にのこる痣

まあ、なんだ腕の付け根に誰かがつけた痣があるから他殺に違いない。そして犯人は創価学会だ!という妄言へのカウンターとして「その痣は矢野がつけたんじゃねえの?」という反論は当然ありだと思う。ただ、そこからさらに飛躍して「矢野穂積が朝木明代を突き落としたんだよ!」っていうと「なななんだってー(AAry」になって、馬鹿の言ってることとあんまり変わらなくなってきちゃうから要注意だ。あくまでも「痣は誰がつけたかどういうシチュエーションでつけたかわからないですよね」というアピールにとどめるべきだと考える。

まあ、ニャロメさんの受信した電波は説得力はあるよねw おいらもフェムト波動を感じれるようになりたいな。

posted by ミラクルさん at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。