2008年05月12日

卵が先か鶏が先か

おいらはリテラシが低い人間がすべからく左翼になるわけではないと思うのだが、こういう例を見てしまうと静流たんの言わんとすることもうなずける部分はあると思う。しかし、基本的にはリベラルか保守的かというのはリテラシの部分とは関係なく個人の性向で決まるように思っていて、ただ、頭の弱い人はそういう性向に流されやすいのではないかと考えている。流されやすいというのは即ちイデアとロゴスがマッチしないときにイデアのほうを優先してしまうということだ。ちょうど下記のように。

米軍岩国基地の中で見たこと

そして、一基のエンジンを搭載しているF18でもこんな爆音が出るのだから、二基のエンジンを積んだF15イーグル戦闘機はもっと酷いのではないかとも思いました。

岩国まで行って自分の目で確かめた上で間違えた人

2基! F/A-18はエンジン2基だから!

あーあ・・・実際に基地まで行って、飛んでる所を見て、地上展示の機体まで見ておきながら、どうしてエンジン一基だなんて誤認ができるんだろう・・・坂井貴司さん、貴方は何を見て来たの・・・

F/A-18はエンジン騒音が煩いことで有名な機体です。エンジン出力の大きなF-15よりも騒音が大きいのです。これはF/A-18が搭載するGE製F404エンジンの特性であり、エンジン騒音は出力に比例するわけではありません。なお新型のF/A-18EはF404の改良型エンジンF414を搭載していますが、騒音は更に煩くなっており、アメリカ本国ではC型からE型の機種転換時に基地付近の住民が騒音訴訟を起こし、裁判沙汰になっています。

基地騒音問題を抗議したい、戦闘機の騒音を批判したいというなら、こういうことを良く理解した方が良いと思います。それなのにエンジン搭載数を誤認するは、F-15の方が煩いだろうと間違った憶測をしてしまうはでは、説得力を持った抗議にはなり得ないでしょう。

[AML 19517] 「死んでも治らないバカ」が送ります

私は近眼ですので、F/A-18のエンジンが2基だとは判りませんでした。次は度のあった眼鏡をつけて見に行きます。間違いを指摘していただき、ありがとうございます。

それから、F/A-18はエンジン騒音が、出力の大きなF-15よりも大きいということも教えていただきました。貴重な情報です。

でも、私はF/A-18とF-15のどっちが静かなのか比べても無意味だと思いますけれど。両方とも音速を越えます。音速を越えた時に発生する衝撃波のすさまじさを、私は岩国で自分の体で感じました。毎日これを聞かされる岩国市民や周辺の人々の苦痛を想像すると、それはたまりません。

岩国でソニックブームを体感!ってオイッ

航空ショーのデモフライトで超音速を出すことは無いです。あんな低空で20万人も観客が居る前で音速を超えてソニックブームを発生させていたら、大惨事ですよ・・・出店のテントは全部吹っ飛んじゃいます。そんな馬鹿な事をする筈が無いし、被害が発生していない以上、音速突破は行われていません。(昨年の高速フライパスデモではマッハ0.99とアナウンスされています。今年は速度のアナウンス自体が無かった模様)坂井貴司さん、貴方は"超音速の衝撃波"を体感していません。それでも超音速の衝撃波を体感した、と言い張るなら「衝撃波って音だけで衝撃なんて無いんですね」という事になりますが、良いんですか?

何かを人に訴えかけようとしたときにその対象物に対する正確な知識というのは必要不可欠に思うのだが、こと反戦平和業界に限ってはその限りではないということが静流たんのように考えてしまう原因ではないのか。兵器や戦争について正確な知識を持つこと自体を忌まわしいものと思っているからこのような間違いをしても平気なのだ。仮においらがWeb関連で間違った知識を元に何かを批判したら、そしてそれを祭られてしまったら、きっと言いようのないダメージを受けると思う。坂井貴司は明らかになにも感じてはいない。そしてそれは非常におかしいことだ。

そして軍事に対して何も知識のないことをこれからも坂井貴司もその取り巻きも何も恥ともせずに軍事基地で反対の声を上げ続けるのだろう。しかし、素人でも少し調べれば気づく程度の間違いを聞かされて日本人は納得するだろうか。反戦平和という思想自体には何も思わなくても、それを主張する人間の出鱈目ぶりに胡散臭さを感じて遠ざかっていく人間は沢山いるに違いない。

坂井の様な存在は、リベラルにとってダメージでしかないと考える。



posted by ミラクルさん at 11:44| Comment(5) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 思うに、日本における左翼思想(とその持ち主)は、「普遍的な概念(戦争反対とか人権尊重とか弱者救済とか、感情が先に来る一般論)を主張の柱に据える」あまり、

 「対立者=普遍的価値観を持たない者=絶対的に誤り」
 「同調者=普遍的価値観を持つ者=絶対的に正しい」

 という原則に自縄自縛されているような気がします。これが「感情を理論に優越」させていく一歩なのかなーと。
 逆に右翼思想の側は、元が国防や外交などある意味「特殊性の強い」概念における各種主張がベースなので、「対立=否定」や「同調=肯定」の感情的二元論にはまりにくい傾向があるような印象が。

 んで、普通「普遍的な価値観」というのは積極的に疑いを向ける対象ではないので、「普遍的な概念を柱にした主張である」ことにより「自己分析を怠りやすい」のが日本の左翼思想の特徴なのかもしれず。
 右派は(好きでやってるわけではないにせよ)「綺麗事じゃねーんだよゥ」的な自覚が無いとなかなか持てない思考(国防とかは特に)がメインになるので、割合に感情と理論が分離させやすい所があるのかも。

 そいでもって、「声の大きい」人間というのは往々にして「感情」の力が強い(もしくは人心掌握技術=他者感情の操作に長けている)とも言えるので、「感情を理論に優越」させてしまいがちな人間ほどそこに乗りやすい。
 そこで踏み止まるためには「常識をベースに非常識なことをのたまっていないかどうか」を冷静に見極められるかどうかが大事になるわけですが、日本での左翼思想が上記のごとく構造的に「見極める力」を阻害する方向に働くがゆえに……というような連鎖構造があるのかなー、とか考えてみました。

 論拠としてさほど大きいものは無いんですが、「左」で声大きい人ほど「私の主張を受け容れないとは、非常識&不勉強なやつめ!」という態度が多い(割に現実の事象を持ち出されると逃げ回る傾向が強い)ので、そこからの印象で。「右」だとどっちかというと「不勉強なやつめ!」の方だけになるのが多くて「常識の無いやつめ!」はあまり無いというか。

 ……うむ、これブログで記事にすればよかったかもしれないw
Posted by Tamanegi at 2008年05月12日 15:00
というか知らないことは無理にしゃべらなければいいってだけの話なんですがねー
なーんかあちらさん方ってインテリぶるひと多い気がする・・・っていうのは偏見かしらん。
Posted by うな at 2008年05月12日 18:27
件の人は超音速とか一基のエンジンとか、細かいことを…と思ってるかも知れませんけど、こんな間違いを書く人は、三千人を、つい勢いで三万人って書きそうですよ。

言論に対する姿勢が、テキトーなんでしょうね。
Posted by 中畑 at 2008年05月12日 23:36
いや、逆に考えるんだ。
本当に超音速の衝撃波を体験している。
つまり、岩国市の建物の構造は凄まじく強固だし、住民も見に来てるお客さんもソニックブームなんてもろともしない超人のみである、と。

この人達こそ、日米両国は極秘に開発した人類強化クローン技術の完成体だったんだよ!!
な・・・なんだってー!!
Posted by KM at 2008年05月13日 00:05
>Tamanegiさん

そもそも左翼と呼ばれる方たちは現実を変えようとする側なので、普遍的な概念を中心におくのはよいと思うんですよ。

たとえば「貧困をなくそう」「環境を守ろう」という意見自体には誰も反対しようがない。ただ、それを実現するためには具体的な施策が必要でその中には必ず現実自由に行われている行動を抑圧する必要があります。

# 貧乏人にサービスを提供して金を請求する権利とか、誰の土地でもないところにごみを捨てる権利とかの抑圧。

なので、もっと集団のコンセンサスを取って行動しないといけないのですが、反対すると悪人とか言われちゃうから困ったものだ。

左翼というのは根本的に抑圧者なんですよ。解放するものではなく。それを忘れてるのか知らないのか判らないのか知りませんがどーもおいらが普段眺めて遊んでいる方々はそういう認識が足りないなとはTamanegiさんの文を読んで思いました。

必要なのは「悪人」とレッテルを貼ることではなく「こういうのを我慢するとこういういいことがあるよ」と訴えることなんですよね。情ではなく理屈で。

ふむ、なんかこの辺はおいらも纏まんないですね。

>うなさん

右翼は頭が悪くてもなれるけれども、左翼は頭がよくないとなれないって言ってのけたのは誰だっけw

基本的には頭の良し悪しは関係ないと思います。どっちにも普通に馬鹿は存在します。

つーかさー、知らないことっていうよりも実際に岩国に行って実物をみて言ってるんだからなー。

>中畑さん

こういう調べればすぐわかる間違いをのたまう人間の言うことを誰が信用するというのかという視点が欠けていますな。内容以前だろ。

>KMさん

当日岩国にはガイル少佐がいたのではないかという考えすらあります。
Posted by 管理人 at 2008年05月13日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック