2008年03月24日

詭弁

中国、チベットで許されないことは、他のどこの国でも許されない

今後はぜひ、「右派」とされる陣営からも、イラクの無辜の市民の虐殺に加担したアメリカを支援する日本政府を、中国政府への批判と同じ情熱でもって批判してほしいと願います。チベットの市民の命もイラクの市民の命も同じ重さなのですから。次の選挙では、スペイン、イタリア、オーストラリアの親米政権をそれぞれの国の市民が選挙を通じて倒したように、現政権を終わらせる投票行動をとってほしいと願います。

あるいはまた、たとえば、パレスチナでイスラエル側に殺されている人々についても、チベットと同様です。日本で「右派」とされる陣営からも、この蛮行を中国政府への批判と同じ情熱でもって批判することもできるでしょう。

また、日本の無辜の市民の乗った漁船が自衛隊のイージス艦によって沈没させられた件日本の無辜の市民が米兵に強姦された件についても同様です。日本で「右派」とされる陣営からも、中国政府への批判と同じ情熱でもって日本政府、防衛省、自衛隊などの対応を批判してほしいと願います。人が国家によって死に至らされたという意味ではチベットと同じだと思いますから。

違う。その差異は命令を受けている行為か否かによって生じる。イラクや日本での米兵の犯罪はあくまでも個人の犯罪行為であり、米国の責任はない。あたごの衝突事故に関してはあたご側の過失でおそらくFAだろう。まあ、この件は裁判所で争った結果が出ないことにはなんとも。

んで、故意に忘れているとしか思えないんだが、イラクの場合アメリカが介入しなければバース党による一党独裁政権は続いていたわけで、ワールドカップに出られなかったら代表選手は鞭打ち見たいなことも未だに行われていたわけだ。とても前回のアジアカップのような感動的な場面にはお目にかかれなかっただろう。また、その際明らかになったこととしてイラクの警官はサッカーで勝ったくらいの事で自動小銃を乱射するということでw こんな土地で爆弾テロも頻発しているんじゃ米兵も警戒するだろうよ。些細な事で衝突も起きるさ。それとも米兵は黙って撃たれて殺されろってか。なにその差別。

肝心なのはアメリカもイラクも現在は民主主義の国であり、選挙によって信託されているイラク政府が米軍の駐留を認めている限り、米軍がそこにいるのは根拠のあることなのです。イラクの皆さんは米軍は要らないと思っているのであれば爆弾を作らず、外国人を人質に取らず、選挙でその意思を見せるべきなのです。それは日本も同じです。そして現在選挙によって信託されている日本政府は米兵の犯罪にはきちんと対処しています。今回の横須賀タクシー強盗には米軍も全面的に協力してくださるそうで非常にありがたいことです。

しかし、チベットの件は違う。中華人民共和国政府から命令を受けた軍が組織的にチベット人を殺して回ってる話であり、これは個人レベルの犯罪行為や過失によって起こされる事故ではない。だから我々の怒りは中華人民共和国政府へと向かうのだ。大体あそこは中国じゃない。

個人と組織の犯罪は明確に区別しなければならないし、それが出来ない村野瀬は人権意識なんてないと思うよ。大体村野瀬理論だとお前イラクの米軍の事叩けないじゃないかw

あー、あと余談なんだがイタリアはまたなんか殿が首相になるっぽいからお前のような新自由主義の奴隷はACミランを何とかしろといってやってくれ。デブをクビにしてシェフチェンコをレンタルすれ。



posted by ミラクルさん at 11:27| Comment(4) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 全面的に同意です。

 だいたい、戦争や自爆テロに軍隊をもって当たるのと、独立を求めるデモに装甲車や戦車突っ込ませて轢き殺すのが同等なわけないだろと。
 さらにはイラクの旧独裁政権に与していたイラク人やらパレスチナの武装勢力で活動してる武闘派やらと、平和主義を逆手に取られて民族浄化されてるチベット人や僧侶達を一緒くたにするその発想が、どんだけチベット人とその歴史に対して失礼かと。

 こんなんで「右派」に意趣返ししたつもりになれてるとしたら、この人の脳内状況が本気で可哀想になってきますな。同情はできかねますが。
 それとも、「右の連中だってイラク戦争での米国に抗議しないんだから我々もチベット弾圧での中共に抗議しませんよフフン」とかそういう無理無理言い訳的意思表示なんすかね。そうでない事をぜひとも願いたいところで。
Posted by Tamanegi at 2008年03月24日 15:15
>Tamanegiさん

まあ、今回サヨクの皆さんは「日本は中国のことは言えない」という塹壕を掘ることを選択した模様です。悪手だと思いますがね。

この手の人たちは組織による犯罪と個人の犯罪の区別をつけていないのか、ついていないのか計りかねます。

>こんなんで「右派」に意趣返ししたつもりになれてるとしたら、

こいつは本気でしているつもりなんですよねえ。頭のおよろしいことで。
Posted by 管理人 at 2008年03月25日 13:27
>今回サヨクの皆さんは「日本は中国のことは言えない」という塹壕を掘ることを選択した模様です。悪手だと思いますがね。

 ああ、なるほど。確かに悪手ですなあ……
 それを言ったが最後、同じ理屈で「日本はアメリカのことは言えない」→「イラク戦争批判も×」になるから、まさに自分自身を埋める塹壕掘りw

>組織による犯罪と個人の犯罪の区別

 まあ、都合に応じてそこら辺の区別を使い分けるのがダブスターズの面目躍如ですが。

 それにしても、彼らの建前上最も忌むべきものであるはずの「国家権力による少数派への武力弾圧」を、どうにかして見て見ぬフリ・話題逸らしをしようと全力を挙げてる光景は今更ながら不思議の極みですなー。
 まあチベット問題と正直に向き合うと、自然と9条教の教えに背かざるを得ないからなんでしょうがw
Posted by Tamanegi at 2008年03月25日 15:55
>Tamanegiさん

>それを言ったが最後、同じ理屈で〜

なんですがね。奴等はイラクにおける米軍の軍律違反とチベットの組織的な大量虐殺を一緒にしちゃうからねえ。

この件で中共叩いてる人は大体その区別がきちんとついてると思うんですが。

>まあチベット問題と正直に向き合うと、

ええ。あれを見てなお「非暴力で平和的に」って言えるのは何かがおかしい。
Posted by 管理人 at 2008年03月26日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。