2007年08月01日

サッカーも出来ない

慰安婦決議案採択 米下院

【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。

ペロシ議長ら下院指導部は、参院選に影響を与えることを避けるため、採決の日程を選挙後の30日に設定した。上院には提出されていない。

この日、ラントス外交委員長(民主党)が趣旨説明を行った後、決議提案者のホンダ下院議員(民主)らが演説した。共和党からもロスレイティネン外交委筆頭理事らが賛成演説を行った。反対演説はなかった。

ホンダ議員は採択後の記者会見で、「決議は日本政府に対し、公式で明確な謝罪を慰安婦に行うよう求める強いメッセージだ」と述べ、日本政府の公式謝罪を求めた。

慰安婦問題をめぐっては、安倍晋三首相が4月末に訪米した際、ペロシ議長ら議会指導者との会談で、「人間として首相として心から同情している。そういう状況に置かれたことに申し訳ない思いだ」と語った。

ブッシュ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「首相の謝罪を受け入れる」と首相の対応に理解を示しており、日米政府間では事実上解決済みとなっている。

これまで慰安婦決議案は4回提出され、昨年秋には外交委で可決されたものの、本会議では採決されず廃案になった。

一方、下院外交委員会は31日、アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案を採決する。ラントス委員長やホンダ議員も共同提案者となっている。慰安婦決議で日本非難をしたため、日本への謝意を示すことでバランスをとるねらいがあるとみられる。

黒羊さんが珍しく怒っていたけど、所詮この程度の扱いなんでスルーしてOK。大体アメリカに統一された意思なんてなくて、その都度その都度よさそうな判断をしているだけなんですから、こちらも真剣に受け取ることはないでしょう。



ラベル:追軍売春婦 韓国
posted by ミラクルさん at 01:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカの議会がこの手の事でアクションを起こしただけで、たとえ法的拘束力はないとか、統一された意思はないと、頭ではわかっても、脊髄反応してしまいます。根が反米なので・・・。
もう一回やるかこの野郎と。。。。
まあ日本のマスコミにまた踊らされたと気付いて、また気分が悪い感じです。
Posted by 黒羊 at 2007年08月01日 07:40
私もアメリカ嫌いなので、牛肉規制くらいやっても良いと思う今日この頃。
Posted by Nyarlathotep at 2007年08月01日 09:10
>黒羊さん
>Nyarlathotepさん

ところで、みんなアメリカ嫌いなんね。なんでかね。
Posted by 管理人 at 2007年08月07日 13:22
>なんでかね
1:白人の傲慢さが嫌い
2:一神教的考え方が合わない
3:白人の狡猾さが耐え難い
4:白人の偽善と欺瞞が許し難い
5:アメリカ大陸は、インディアンのものだからアングロサクソンは少なくとも帰れ
6:日本における一般人の大量虐殺は許し難い(原爆含む)
の理由が私の場合にはあります。
Posted by 黒羊 at 2007年08月08日 10:51
>黒羊さん

>1:白人の傲慢さが嫌い

白人はそういう生き物です。

>2:一神教的考え方が合わない

宗教そのものはともかく、それがもたらした文明観念はそれなりに尊重すべきだと思いますし、道徳も備わっていると思います。

>3:白人の狡猾さが耐え難い

狡猾なのは白人だけではありません。

>4:白人の偽善と欺瞞が許し難い

とはいえ、やらない善よりやる偽善のほうがよいのではないかと。

>5:アメリカ大陸は、インディアンのものだからアングロサクソンは少なくとも帰れ

これについては否定しないなあ。
ただ、アメリカってヨーロッパ的啓蒙主義の生み出したユートピアなんですよね。
それが存在しえた場所は新大陸しかなかったかなと。

>6:日本における一般人の大量虐殺は許し難い(原爆含む)

これは、日本は出来なかっただけかと。日本が長距離爆撃が出来たらたぶんやったと思います。民間人の居住区域に広範囲に爆弾を落とすのは良くないというモラルが確立したのはベトナム戦以降かと。

以上、多少フォローしてみました。
Posted by 管理人 at 2007年08月09日 11:38
1.その通りだと思います。
2.尊重はするけど、私には受け入れられないので押し付けないで欲しいです。
3.白人のそれは目立つ。
4.いや偽善ならやらなくていいと思います。
5.まあ今更の話でもあるんですが。
6.できなかったからやっていないのと、やったのは違いますからね。
とはいえこれらのことは、潜在意識に埋もれていて、普段はアメリカ人は日本の周辺諸国の中では、はるかに公正と信義はあると思ったりもしているんですが、こと件の慰安婦の話のように、決してアメリカ人が人のことを言えるかと言うような出来事が起こると、感情面に刺激されて、怒るという感じです。
実生活は、現在仕事している場所がアメリカの外資系の会社で、読む仕様書も、作るテストの項目表も、英語であり、出来上がった製品も全てアメリカのものなのですから、その感情面は完全に現実と矛盾し、乖離してしまっているので改めなければならないと思っている問題でもあります。
Posted by 黒羊 at 2007年08月10日 07:01
>黒羊さん

>決してアメリカ人が人のことを言えるかと言うような出来事が起こると、感情面に刺激されて、怒るという感じです。

アメリカ人というのはちょっと変わっていて理解しがたいのですが、「理解しがたい」ということを頭に入れておくとまあ、信用できる相手かなと思うんですよ。

アメリカ的合理主義というのは私も実生活に多分に盛り込まれているので、受け入れやすいということがあるのでしょう。
それにアメリカというのは人工的な夢の国ですから。アメリカ人が良くあるように願えば、きっともっといい国になりますよ。まだ200年かそこらの国ですよ。
Posted by 管理人 at 2007年08月14日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。