2007年06月09日

正義は断片的にしか持ち合わせていない

愛媛県警の報告書曰く「Winnyは音楽や映像などの情報を自由に共有できるソフト」

高木氏に対しては「いつも啓蒙活動ご苦労様です」と心からいいたい。Winnyを使いこなせない奴がWinnyを使うと思っている私としては官公庁のWinnyに対する意識の低さには切歯扼腕するところであり、高木氏のような方がこういうセキュリティに対して厨房的対応を取ることによって確実に納税者の役には立つと思う。

さて、それに対して今回のこのエントリには下記のトラックバックがついた。

高木浩光氏のWinnyへの怨念

前から思ってたけど、なんなんだろう、この人の尋常ならざるWinny*1への憎しみは。ときおり根拠らしく述べる内容は、どう見ても「nyは絶対悪」の結論ありきの後付的な臭いがする物ばかり。

単なるアスペ性の粘着(によるバランス欠如)なのか。単なる成人型中二病なのか。

「病気」かどうかはどうでもいい。実際その症状は、それは日本におけるセキュリティの意識向上に相当貢献してる事は間違いないだろう。でも、それはやはりたまたまなのか。反逆の正義ネタとしてセキュリティに粘着してたら、それがたまたまヒットしたと。たまたま社会的にもセキュリティが重要な物になってしまったと。

それとも、本気で社会のためを思うのが先にあって、セキュリティの啓蒙活動をしてきたのだろうか。本気で社会のためを思って、本気で社会の発展の為にこそ、法も憲法も無視してnyの抹殺活動をしているのだろうか。

もちろん、仮にそうならそうで、それはそれでキモいけど。

本人曰く随分悪意的に見える断片がexcerptで飛んでってしまったなので、文意を正確に伝えるように本文をそのまま引用した。悪意的に見えるかどうかというのは閲覧者にお任せしたい。おいらとしてはアスペ性の粘着という部分に大いに引っかかるのだがそれは本題ではないのでまあ、おいておく。

これを見て思い出したのは反日BLOG監視所にそんなことをしてなんになるとかこんな粘着質のいうことは信用できないとか抜かしていた低脳のことだが、こいつも「篠原は理想の日本についてビジョンを提示するべきだ」などという趣旨のことは抜かしていた気がする。

逆なんだ。まず自分の守備範囲の中で正しいことを主張し続けることこそが大事であって、重要なのはその意見が正しいか間違っているかでしかない。その人間が本気で社会のためを考えているかというのは2の次でしかない。その個々人のもつ断片的な正義がつなぎ合わさって、法になったりモラルになったりするんだと思っている。

少なくとも高木氏のこのような啓蒙活動は非常に有益だし、おそらくは職務上の必要もあるのだろう。いや、なくてもJava Houseを見ていた限りだときっと必要だと思ったらやる人なんだろうな。

だから高木氏や篠原氏が普遍的な正義や価値観を持ち合わせていなくても、行動が厨房でも一向に構わないのだ。その守備範囲の中では正しいことを言っているし、何より面白いじゃん。



ラベル:winny 高木浩光
posted by ミラクルさん at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> まず自分の守備範囲の中で〜を考えているかというのは2の次でしかない。

大いに賛成ですが…。で、著作権侵害の問題は、高木氏の守備範囲なんでしょうかね、というか目的は著作権侵害の防止じゃないでしょ、と。まあ、曖昧で解りづらいエントリだったので、いろいろ解釈されるのはしかたないですが。

Posted by r-west at 2007年06月09日 18:51
>r-westさん

こんばんわ。

著作権の問題はぶっちゃけ高木氏の守備範囲外でしょう。彼は終始「セキュリティの観点からのWinnyの問題」と「ダウンロードを選択すると同時にアップロードを行ってしまうインターフェースの問題」を指摘していたと思います。その上で、今回の件は「法律違反という見解のあるものを役所しかも警察が使うのはどうよ」というものだと思います。だから怨念とかの前に「便利だから使って何が悪い」と言っている人間の無知とモラルの無さを攻撃しているのです。

私なんかも役所でWinny使う人間は懲戒免職で言いと思っていますがね。
Posted by 管理人 at 2007年06月10日 00:27
> 著作権侵害の問題は、高木氏の守備範囲なんでしょうかね
「違法性のあるコンテンツ」を、著作権違反のコンテンツだけに限って話をされていますか?
他にもあると思いますよ。

> 法も憲法も無視してnyの抹殺活動をしているのだろうか。
「“法も憲法も無視しているny”を使うな」という行為を、なぜ「法も憲法も無視している」といわれるのか、甚だ疑問。あなたも弁護士の口車にうまく乗せられた口ですね。
(ここで書いてごめん)
Posted by Jitta at 2007年06月11日 21:47
>Jittaさん

いえ、まあ構いませんよ。

>「違法性のあるコンテンツ」を、著作権違反のコンテンツだけに限って話をされていますか?
他にもあると思いますよ。

その通りですね。特に個人情報などについて言及していると思っています。

>「“法も憲法も無視しているny”を使うな」という行為を、なぜ「法も憲法も無視している」といわれるのか、甚だ疑問。

そです。nyの問題点はまさしくユーザに許諾無しに"法と憲法を無視させる"ことにあり、そのインタフェースの不備についても高木氏は触れていたはずです。

nyの開発者に修正パッチを開発させれば済むという問題ではなくなっているのです。既に。
Posted by 管理人 at 2007年06月13日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。