2007年04月21日

裕仁が神だと思われてたらよかったのに

いま、熱く燃え盛っているコメント欄で野蛮人が

神であるヒロヒトの敗北宣言を聞かずに何を燃やしていたんだよ!

などと抜かしていますが、おいらに言わせれば先帝陛下を皆が神だと思ってその発言を尊重し、そのとおりに動いていたら太平洋戦争なんて起きていないよ。と笑いたくなります。

むしろ軍部からは先帝陛下は人気がなかったんですよね。なんとなくなよなよしてたから。また、「天皇が大事なのではなく皇統こそが尊いのだ」という平泉史学の影響もあることは否めないでしょう。まあ、平泉史学って史学の名に値しないロマンチックなものなのですがね。

だから「陛下の手を捻り上げてでも抗戦すべき」とか「天皇らしくない天皇は替えてしまうべき」とか不敬の極みとしか思えない発言も軍部からぽんぽん出てくる。神としてあがめられているのならこんなことが起こるかよと思います。

結局、平泉の思想に深く侵された連中が、終戦時にクーデターを画策して東部軍に破砕されるわけですが、日本のためにこれでよかったのだと思います

このクーデターの狙いはただ単に玉音放送の阻止だったでしょうか? 私にはそうは思えず、先帝陛下の押し込めを狙ったものだと思います。全く、酷い話です。

結論としては、先帝陛下を神と思わなかった連中が日本を戦争へと導き、本土決戦に持ち込んで日本を破壊しようとしたと思っています。サヨクにはその理解が根本的に欠けています。



posted by ミラクルさん at 18:38| Comment(10) | TrackBack(2) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も天皇を軍部が絶対視していたら、戦争になりえなかったのではないか、とそう思います。
Posted by 黒羊 at 2007年04月21日 22:11
>先帝陛下を皆が神だと思ってその発言を尊重し、そのとおりに動いていたら太平洋戦争なんて起きていないよ。と笑いたくなります。

そうですね。
昭和天皇が厭戦的であったことは諸資料から明らかですからね。
軍にとっては、政治家の容喙を許さないシステム自体が大切だったのであり、天皇個人が敬愛の対象ではなかったのでしょう。
Posted by 深沢明人 at 2007年04月21日 23:04
>黒羊さん
そういう意味で思想的背景にある、「南朝正当」志向って罪だと思うんですよ。

>深沢明人さん
先帝陛下は決して厭戦的ではなかったと思っています。ただ、戦うべき相手が何者かは軍部か政治家よりはよくわかっていたようで。

先帝陛下は大アジア主義とか、陣取りゲームに全く興味を示さなかったんですよね。そういう意味でものすごいリアリストでした。
その上で、自分が民主主義的基盤の上に乗っている立憲君主ということはよく分かっていて、「ドイツやイタリアのようなヤクザな国と同盟結んで大丈夫かよ」なんて発言もしている。
英米と事を構えるべきではないというのをよく理解しています。
Posted by 管理人 at 2007年04月23日 00:19
こんにちは。

>おいらに言わせれば先帝陛下を皆が神だと思ってその発言を尊重し、そのとおりに動いていたら太平洋戦争なんて起きていないよ。と笑いたくなります。

今まで気づきませんでしたが、確かに仰るとおりですね。
統帥権干犯問題以降なのか、だんだん先帝陛下がその御本意とは関係ないところで勝手に利用され、あげくは新兵のシゴキにまで「天皇陛下の大命により貴様らを殴る」とか使われていたんですよね・・・。

>結論としては、先帝陛下を神と思わなかった連中が日本を戦争へと導き、本土決戦に持ち込んで日本を破壊しようとしたと思っています。サヨクにはその理解が根本的に欠けています。

その通りだと思います。
Posted by j.seagull at 2007年04月23日 18:43
>j.seagullさん
こんばんわ。

とはいえおいらは天皇を神として敬えではなく立憲君主として尊重しろよといいたくてですね。大日本帝国憲法下でも天皇の国事行為は内閣の輔弼が必要だったと考えると、統帥権も当然のように内閣の容喙を挟むわけで。
伊藤博文も昭和の軍人による解釈を聞いたら腰を抜かすと思うんですよね。

昭和のどこが間違っていたかというと、結局はシステムではなく人の問題に収斂しそうな気がします。
Posted by 管理人 at 2007年04月23日 22:35
>先帝陛下は決して厭戦的ではなかったと思っています。ただ、戦うべき相手が何者かは軍部か政治家よりはよくわかっていたようで。

ああ、そりゃそうですね。
厭戦的と言うと、何やら事なかれ主義者みたいでした。
私が厭戦的と言ったのは、もちろん対英米中戦についてのことです。
Posted by at 2007年04月23日 23:02
↑名前入れ忘れていました。失礼しました。
Posted by 深沢明人 at 2007年04月26日 00:12
>深沢明人さん
いや、蒋介石の上海攻撃作戦に対しての迎撃は積極的に賛成しました。上海に集中して大軍を送り込み敵野戦軍を撃滅することを目指し、その目論見は成功しています。
その後の処理に失敗してグダグダになったと見ています。

結局、通州事件のようなことが起これば、君主は何かをしなければならないのです。
Posted by 管理人 at 2007年04月28日 15:50
立憲君主の話で、この話が未出なので。

昭和天皇は「天皇機関説でよいではないか」とおっしゃいました。
Posted by 静流 at 2007年05月02日 06:18
>静流さん
「人体でいうならば頭ということだから、器官説ということでもよいのではないか」と言う趣旨の発言はなされていますね。
ただ、美濃部らの学説に対して理解を持っていたかは疑問です。ですが、神ではないとは理解をしていたようなので、大体は分かっていたのかなと思います。

自分の権力の立脚点は大日本帝国憲法であると認識していた点が、凡百の君主とは違う点だと思います。
Posted by 管理人 at 2007年05月03日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サヨクの方が怖いよ・・・
Excerpt: 今回から「桜花」について書くつもりでしたが、ちょっとその前に書いておきたいことが、2つほどでてきたので、予定変更させてください。(「桜花」について期待された方、ごめんなさい)先日の長崎市長銃撃事件を受..
Weblog: 考察NIPPON
Tracked: 2007-04-24 01:09

奉祝昭和節、でおもいだしたこと
Excerpt: 大変長らく放置プレイでした。 さて、時節柄。 小学生のころ、4月29日に出かけた際たまたま乗った電車(山手線だったと思う)に、「祝・みどりの日」と書かれた紙が貼ってあった。 見ると、大量の人..
Weblog: きぐつのつぶやき(仮)
Tracked: 2007-04-29 07:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。