2007年03月18日

銀行ごと潰すってよ

米国がBDA制裁措置発表、北朝鮮資金返還へ道

【ワシントン14日聯合】米財務省が14日、北朝鮮の違法マネーロンダリング(資金洗浄)にかかわった疑いをもたれているマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に対する制裁措置を発表したことから、BDAに凍結されていた北朝鮮の資金の一部、または全額が北朝鮮に戻される道が開けた。

米財務省のレビー次官は2005年9月から18カ月間に及んだBDAに対する調査結果を発表する会見で、米国の金融機関とBDAの直接・間接的な取引をすべて禁じるとした。この制裁措置は30日に発効するという。レビー次官は「BDAが北朝鮮の違法活動を見逃す意図があったことが確認された」として、BDAが手数料の受け取りを目的に北朝鮮顧客の金融取引に対し監視や統制を怠ったと説明した。BDAの北朝鮮口座所有者の多くが、米ドル紙幣の偽造やタバコの偽造、麻薬などの違法取引に関連する北朝鮮機関とつながりをもっており、北朝鮮の会社のうち何社かはBDAを通じた数億ドルのマネーロンダリング疑惑が明らかになったと、財務省は発表している。

レビー次官は、マカオ当局に今週こうした調査結果を伝えるとしながら、「マカオ当局が責任ある措置を取るだろう」と述べた。しかし、BDAで凍結された北朝鮮の50口座、約2500万ドルのうち、どれほどが解除されるかについてはマカオ当局が決定する問題だとして言及を避けた。

これBDAに対する死刑宣告だろ。アメリカの金融機関と間接的に取引しなかったら銀行業務って成り立つのか? 口座は解除するけど銀行は潰すって凄い荒業だな。この内容でどうしたらBDAに凍結されていた北朝鮮の資金の一部、または全額が北朝鮮に戻される道が開けた。ってなるのか理解できない。

しかし、誰ですか。こんな発想が出来て実行できる国と戦争して勝てると考えたのは。



ラベル:北朝鮮 アメリカ
posted by ミラクルさん at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 特定アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

BDA制裁解除留保とアメリカの真意
Excerpt:  ReutersのU.S. seeks to bury rift before North Korea talksって記事に意味深な箇所があるんだな。
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2007-03-18 00:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。