2007年03月03日

一人で出来ることではないから

プロ^2グラマーは社交が8割

今の私は、自信をもって断言できる。プログラマーにとって最も重要な能力は、社交力だと。その他の能力は委細に過ぎない。というより、社交力さえあれば、その他に必要な能力はあっという魔に追いつく。コードはトークについてくるのである。今アルファギークと呼ばれている人々を見ればわかる。彼らだってだっさいコードを書いていた時期があるのだ(もちろん私もだ)。しかし彼らはそのだっさいコードもとりあえず呈示する。当然「だっさい」という返事が返ってくる。彼らはそれを良しとしないのですぐに直す。わからなければ臆面もなく聞いてくる。そうこうしていくうちに、彼らの能力はどんどん上がってくる。ださかったコードがあっという魔にかっこよくなっていく。こうして彼らをかつてバカにしていた社交力不足のプログラマーたちに彼らはあっという魔に追いつき、そして追い越して行く。

こうした彼らの成長を見ていると、プログラマーの「現在価値」を問うのがいかに空しいかを痛感する。今日のnobodyは、明日のsomebodyかも知れないのだ。だから、今の自分が有能なプログラマの特徴にあまり当てはまらなくても、悲観することはない。しかし顧客が呈示した仕様に何の疑問も抱けなかったり、疑問を抱いてもそれを問いただせなかったりしたら問題は深刻だ。プロ^2グラマーにまだなっていない人は別のcareerを探すか、なっている人は転職を考えたりした方がいいだろう。

シム宇宙さん経由で見かけたこんな話。

言うまでも無く仕事というのは一人では出来ないので、人とコミュニケーションをする能力。自分の考えを正しく人に伝える能力というのがとても大事なことは理解している。つーか最近とみに痛感したりしている。職業人として、プロとして生きているならば絶対に必要な能力だ。それは今の自分にはちょっとばかり勇気の要ることで、それを行うことが出来なくて痛い目に数多くあってきている。

だからといって家に閉じこもっているわけにも行かないし、どんなに怖くても思い切って外に出て、自分のフィールドで日々ベストを尽くせば、きっと誰かが助けてくれたり、評価してくれたりしてくれる。

昔は出来たのにとかは少し置いといて、もう一度自分を作り直していく覚悟が必要なんだな。多分。

と、とっても凄いプロ2グラマになりたいおいらは考えたわけだ。でも、まあいい大人なんだから口に出す前に少しは頭を使おうぜ<自分。

posted by ミラクルさん at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他Web技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。