2006年10月10日

ブロガー新党ですってよ

かむやまといわれひこがまた妙なことをはじめましたよ。
「ブロガー新党」日本の未来のために掲げる核(キーポイント)とは
ををを、新党ですよ新党。新党を立ち上げるからにはもちろん党綱領に対する質問からは逃げたりしないということで、1ヶ月前に見せたヘタレぶりからは進歩したようですな。以下転載。機種依存文字は同趣旨の文字列に置き換え。
1)結党宣言にも詠った通り、日本は世界に類例を見ない「平和主義」を国是として存立する独立国家として「世界の人々の良心の拠所」としての立場を明確に、如何なる国家とも対等かつ分け隔てなく「友情と尊重」にて国際社会に貢献する。

悪い、具体的に何をもって国際社会に貢献するんだかよくわからない。如何なる国家とも対等にってことは韓国と北朝鮮を対等に扱うって事? 中共と台湾を対等に扱うって事? パレスチナは? 東トルキスタンは? 沿ドニエストルは? 北キプロスは?
如何なる国家とも対等かつ分け隔てなくということが既にある国家に対して敵対的になるということがあると思うんだけど、その際のガイドラインってないのかい?
2:国内運営に於いては「公平・公正」をモットーに国家行政・地方自治を推し進め、偏りなくしかも資本活動と弱者保護を両立し、日本社会に生存する人々全てが尊重され、重要視される社会の情勢に努める。

結果の平等って、結局のところ持てる者から奪い、持たざる者へ与えるということで、ぜんぜん平等ではないと思うんですよね。なんでそんな怠け者か無能力者を養わなければいけないんですか。
「日本社会に生存する人々全て」ってことは外国籍を持つ人にも権利を選挙権などの権利を認めるということですかね?
3:所期の目標を達成するために「公的教育」の復興を最優先課題とし、教育の公平性と自主性を確立し、教育による人間性の尊重と知識の醸成、さらには伝統文化の学習に努めさせると共に「歴史教育」の充実により、国際協調・未来の創造を考えさせる「自立的思考性溢れる国民」の育成に努める。

あー、公的教育の復興は大事だわ。日教組に食い荒らされた現場をなんとか立て直さなければいけません。歴史教育の充実も大事だね。嘘とイデオロギー的偏向はよくないよ。
4:経済政策に於いては、第二次・第三次産業に偏った経済構造を改め、人間が生きるうえで最も重要な農水産業の復興を掲げると共に、世界が直面する地球環境破壊の恐怖から人類を救うため「環境最優先」を国家戦略の重点に掲げる欧州的な経済政策を手本に「テクノロジーとエコロジー」のバランスが取れた産業構造の転換を行う。

日本が環境を保全しても、近所に環境汚染を垂れ流すところがあったら意味が無いと思うけどそこは置いといて、第二次・第三次産業に偏るのは当然のことなんですよ。それだけ社会が複雑化しているんですから。食えればいいってもんじゃない。製造業、サービス業が今の社会には必須なんですよ。まあそれでも農業をもっと有効に機能させるのは賛成。法人が農業を行えるようにしたほうがいいと思うけどね。
5:国内問題に関しては、直面する「財政危機」の克服に向けて従来型の官僚主導と財界癒着の体質を廃し「国民生活主導」の財政運営に努め「ムリ・ムダ・ムラ」のない財政配分を定着させると共に国家財政の執行を全国民の前にガラス張り化して、常に監視と提言が受け入れられる体制を形作る。やむを得ず国民への負担が見込まれる場合は「使い道・収支の見込み・監査の方向性」を明確化した上で、国民の直接投票による決定を前提とすべきである。

なにか作ろうとするたびに直接選挙ですかw
役所でシステムを導入する際の仕様変更ひとつについても直接選挙を行いそうな勢いですな。なんかその方がばら撒き型財政になりそうな予感がしますがね。全般的に官僚と財界を憎んでいるのはよくわかるのですが、資本を集中的に投下することによって作業の効率化を図るとかそのような観点が不足していると思われます。また、国や大企業から毟り取ればその分国民が豊かになるように考えていますが、もちろん実際にはそんなことはありません。
6:問題が顕在化している「格差社会」の是正に向けては、経済的弱者の救済・自立を助けるため、地域に根付く地場産業の強化を利用すると共に、隣接する周辺諸国と自治体との交流を新たな雇用拡大として積極的に活用して一極集中を打破し、自主性あるれる地域を作り上げていく。

経済的弱者は故あって経済的弱者なのです。脱出しようと思えばいくらでも方法があるのに甘えているだけですので、そんな怠け者の救済・自立を助ける必要はありません。PHPでも勉強すれば仕事には困らないよw あとJava。
ただし、身体障害は別です。きちんと働けるような環境を企業が用意しやすいような施策を行うべきでしょう。隣接する周辺諸国と雇用の交流を行うことは、労働の質を下げる結果になるので不要です。
また、一極集中を打破すればどのように格差が解消されるかもちろん疑問です。
7:日本の将来の政治体系については「天皇制」が長く継続した理由が、国民の平和主義に基づいたことを重要視し「天皇制」は今後も維持するも「天皇」の国事行為は廃し、「天皇制」を「日本国の良識と平和主義の象徴」として位置づける。
議院内閣制については、国民が首長を直接選出できない問題点を鑑み、将来の「大統領制」導入も視野に首長の直接選出が現状の議院内閣制でも導入可能か検討する。また公職選挙法における立候補制度についても「選挙預託金」等、志ある国民が参加出来ない障害となっている面があり、選挙制度を国民の意向に近付けた内容に改正することが急務と考え、修正と検証の方向性を立てる。

天皇制についてはさておく。何故天皇の国事行為は廃されなければならないかわからないですが。
選挙預託金はお前のような嘘吐きでいい加減な人間を選挙から排除するのに必要です。基本的に政治は暇人の仕事です。選挙預託金も払えないようなやつは選挙に出る資格はありませんし、そこまでの覚悟を要求することはその人物の信用の担保として必要でしょう。

全般的に甘えの構造が見えますな。こんな腑抜けた改革などいらん。


posted by ミラクルさん at 14:36| Comment(4) | TrackBack(3) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなり初っぱなで「非武装中立」ですか。
なかなかやりますね(爆)
Posted by 御座候 at 2006年10月11日 00:23
>御座候さん

ねえ。非武装中立ですよ。
しかも全ての国と対等に付き合うって簡単に言いますけど、例に挙げたとおり「国?」っていうような微妙な存在はどうするつもりなんでしょうね。
Posted by 管理人 at 2006年10月11日 12:19
彼らが大好きな中華人民共和国にならって、
アフリカの独裁国家なんかとも仲良くやろうということでしょう、きっと。
Posted by 御座候 at 2006年10月14日 13:15
>御座候さん

うーん、アフリカの独裁国家云々よりも、南オセチアとかソマリランドなど下手に国として認めると偉いことになりそうなところに対するスタンスが気になります。
きれいごとだけではやってられません。
Posted by 管理人 at 2006年10月16日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

静流、中畑、miracleに告ぐ
Excerpt: <font size=3><font color=black>  あなたがたと会話する気持ちは全くありません。  卑怯者、嘘吐き、痴漢と、罵ったやからとは、一切会話をす..
Weblog: 日本の将来を変えたいので、ブログを始めました。
Tracked: 2006-10-10 16:55

環境破壊への取り組み
Excerpt: 環境破壊への取り組みについて考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。
Weblog: 日本環境問題
Tracked: 2006-10-14 07:28

地球のなおし方
Excerpt: いや、もうおそいかもしれない。が、やらないよりやったほうが環境はよくなるかも、オゾン層は50年ももたないかもしれない。日本だけでなく、アメリカ、中国、インドと人間が多い国からとにかくてっとりばやくは効..
Weblog: ジグソーパズルを攻める
Tracked: 2007-10-30 18:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。