2006年09月28日

もっと褒めてくれ

北朝鮮「日本は道徳と良心が欠けた国」
 日本の安倍新内閣の発足に対し、北朝鮮が不満をあらわにした。

 安倍晋三首相の当選が確定した26日、国連総会に出席していた北朝鮮代表団は、「日本の保守政権が日本社会全体を右傾化させ、軍事化の道を進んでおり、憲法改正を通じて戦争を合法化しようという動きを見せている」と非難した。

 国連総会の閣僚会議に出席した北朝鮮の大使は「日本が北朝鮮を批判するのは、朝鮮半島を再び侵略しようという野心を隠すためのものだ。日本は北東アジアの脅威を助長している主犯格だ」と非難した。

 北朝鮮側はさらに、日本による植民地支配に言及し、「すべての朝鮮人民に対し、流血をもって返さなければならない深い憎悪の感情を残した。日本は経済的に豊かになったが、道徳と良心が欠けた国であるため、大きな脅威だ」と付け加えた。

お前らとは道徳と良心の尺度が違うようなので、このようにいわれることはとても名誉なことです。北朝鮮に悪口を言われるようでないと、人権を尊重する民主国家とは呼べないでしょう。
遠慮しないでもっともっとじゃんじゃん褒めてください。


ラベル:北朝鮮
posted by ミラクルさん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。