2009年07月01日

怒ってるから何だというのか

小川暇つぶし日記のこの辺とかこの辺とか読んで大筋同意する。以前おいらがどっかに書いた「元mumur氏の形骸だけ真似ている馬鹿」とは残念ながら主に相良氏のことを指している。んで、相良氏が自身の街宣が紹介されたADON-K@戯れ言のコメント欄に残したコメをちょっと読んでみた。

ADON-K様

採用していただき、ありがとうございます。

今回は雨にもかかわらず、100人近くの人々が集結しての大集会でした。

で、この抗議行動を「激しい物言いすりゃドン引きだ」とか言ってる人へ。

じゃあ、小学生の子供に噛んで含めるように優しく優しくスピーチしろと?ええ、そんなやり方が通るくらいなら、とっくの昔にそうしてますって。裏を返せば…そんなんじゃ相手に舐められるだけだから、こっちだって言葉が激しくなるんです。

戦後に生まれ、そして生きてきた日本人は、あまりにも「いい子」で居ることに慣れすぎました。『それは違う』と思っても、衝突・軋轢を恐れて声を上げないように仕込まれてきたんですよ。(私はその呪縛から解き放たれたその瞬間に、「電凸テロリスト」として覚醒しました)

で、そういう「怒りの声を上げない日本人」の姿に味を占めた特アの輩・それに与する売国奴たちが、日本をボロボロに食い尽くそうとしている…そんな現状に対して、お嬢ちゃんに喋りかける様なやり方で物申せと?

狂ったように、「年金よこせ(掛け金払ってないけど)」「選挙権よこせ(でも日本なんかどうでもいい)」「謝罪汁!賠償汁!!(とにかく黙って金よこせ)」と喚き立てる不逞朝鮮人どもに対して、

  • 『黙れバカ!たたき出すぞ!!』と怒鳴りつける
  • 『みなさ〜ん、とにかく落ち着いて、よ〜くよ〜く話し合いましょうね〜』と猫なで声で訴えかける

ど っ ち が 良 い か 考 え て み ま し ょ う 。

あと、激しい物言いをしてるのは…声を上げない日本人多数に対しての『挑発』の意味もあるんですよ。5月31日・銀座ブロッサム前での街宣で、私はニコニコ生放送を見ていた人たちに呼びかけました。

『俺はしがないネットユーザーだ。その俺が、ここまで怒って声を上げてるんだ!怒りを覚えてるやつは参加してくれ!遠慮はいらないからココに来て、声を上げようぜ!』

これは裏を返せば、

俺でさえここまで怒ってるのに、なんでお前ら何もしないの?この国が食い尽くされようとしてる現状に、何の怒りも感じず、何も行動しない…それなら貴様は蛆虫だ!名も無き汚物だ!!両生類の糞をかき集めた程度の値打ちしかない!!!』

こういう事です。

で、誰かがこの先「俺だって怒ってんだ!舐めんなこの野郎!!」とデモに参加して、ついでに私の横っ面を殴る…このくらいで良いと思ってます。(言いたい放題言ってるので、いずれツケが回る形でそういう目に遭うかも知れない…とも考えてます)

結論:自分の意見も持たずに、我々の行動に愚痴や文句ばかりつける愚を思い知れ。

感感俺俺。

まあ、なんつーか中二病ですな。お前そんなにたいした人間じゃないから。お前がどんなに怒っていても世の中は振り向いちゃくれないんだよ。世の中の首根っこひっ捕まえて思うように動かしたければ、楽しちゃ駄目なんよ。

んで、小川さんの指摘の通り、韓国人がどんな頭の悪い主張を掲げようとも自由だし、それに反対する人間がどんな主張を掲げようとも自由。日本は民主主義の国だからな。どっちにしろ、法に則って対処すりゃいい。んで、意見が割れたら多数決だ。選挙でけりをつければいい。既存の政治家が信用できなければ、被選挙権を行使すりゃいい。んで、思う存分テレビで街頭で怒りを煽ればいいじゃねえか。ま、結果は自ずから読めますが。日本人は怒りに我を忘れるほど馬鹿じゃない。

毎日新聞社はなおさら話し聞かないだろ。連中は単に民間企業であるに過ぎない。言うことを聞かせたければ株主になるか、社員から役員になるかの二通りしかない。佐々木氏によると結構内部はフリーダムらしいから、入社すりゃ書きたいことが思う存分かけたりすんじゃね? 彼らが存続しているということはそれを必要としている人がいるということも忘れちゃいけない。そして社にとって大事なのは金を払ってくれる人だ。

まあなんだ。どんなに煽られてもこうおいらが冷静なのも抗鬱薬の影響で感情が乏しくなってるのかも知らんな。本当に世界は灰色ですのううぇ〜へっへっへ。

posted by ミラクルさん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122592086
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。