2009年06月12日

恐喝

開城工業団地賃金の4倍増要求―北朝鮮

【ソウル11日上田勇実】韓国と北朝鮮による政府間実務協議が11日、北朝鮮の開城工業団地内で行われ、北朝鮮側は同団地で働く同国労働者の1人当たり賃金を現在の月約75ドル(約7300円)から一挙に4倍の300ドル(約3万円)に引き上げ、すでに完納している第1段階100万坪の土地賃貸料も 30倍以上に相当する5億ドル(約485億円)で再契約するよう要求した。

北朝鮮は賃上げ幅も現在の規定である「年5%以内」から「年10−20%」に引き上げるよう求めた。また土地使用量の支払いも2015年から来年に前倒すよう求めてきた。

これに対し韓国側は、今年3月に体制を批判したとして北朝鮮当局に拘束された現代峨山の男性職員の釈放を最優先課題に掲げて協議に臨んだ。首席代表の金泳卓・統一省南北会談本部常勤会談代表によると、北朝鮮側は「何事もなく元気。待っていれば結論がでる」と述べるにとどまったという。

北朝鮮は前回4月の南北実務協議でも賃上げを求めたが、賃金の大半が当局によりピンはねされるといわれ、その狙いは実利獲得にあるとみられている。今回、破格な要求を突き付けてきた背景には、昨年、金剛山観光や開城観光が中断し、外貨が激減していることや核実験に対する国連安全保障理事会の経済制裁決議も視野に入れていそうだ。

南北はこの日、19日に次回協議を行うことで合意しており、韓国が北朝鮮の要求にどこまで応じるかが焦点。すでに入居する韓国企業の多くが抑留事件や南北関係の悪化で受注量激減に見舞われており、韓国が無理な賃上げを受け入れた場合、撤収に追い込まれる企業が続出するとの観測もでている。

まあ、野蛮人とビジネスをするとこうなるという例で。韓国も似たようなこと日本に対してやってるんだから文句を言わないで払ってやれw おいらとしてはお前らが相互に恐喝しあったり強盗しあったりする分には一向に構わない。

ラベル:北朝鮮 韓国
posted by ミラクルさん at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。