2009年06月09日

ベロニカさんウハウハ

カカ、Rマドリードへ移籍=移籍金は史上2番目の89億円と報道−欧州サッカー

【ロンドン8日時事】サッカーのブラジル代表MFカカ(27)が、イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランから、スペイン1部リーグのレアル・マドリードに移籍することが決まり、両クラブが8日深夜に発表した。

契約は6年。欧州メディアでは、移籍金は推定約6500万ユーロ(約89億円)とも報じられ、2001年にユベントス(イタリア)からレアルに加入した元フランス代表MFジダンの推定7500万ユーロ(約102億円)に次ぐ、サッカー界史上2番目の高額移籍とみられている。

得点力も兼ね備えるカカは、03年に母国のサンパウロからミランに加わり、2季前には欧州制覇の原動力となってバロンドール(世界最優秀選手)、国際サッカー連盟年間最優秀選手を同時受賞した。1月にマンチェスター・シティー(イングランド)から史上最高の移籍金1億ユーロ(約136億円)以上の巨額オファーを受けたが、拒否していた。

レアルは今季終了後、かつてジダン、ベッカムなどスター選手を次々と獲得し「銀河系集団」と呼ばれる豪華チームの生みの親となったペレス氏が会長に復帰。大型補強に乗り出していた。

これで慰謝料のとりっぱぐれがなくなってよかったですねえ。

posted by ミラクルさん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121153804
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。