2009年06月07日

世界最速っていわれてもな

ワールドカップ2010 アジア最終予選 第6節

ウズベキスタン0−1日本

日本の得点:9分岡崎

岡崎の泥臭い、本当に泥臭いゴールで何とか日本が勝利。前半の半ば過ぎでスタミナが切れてしまうようでは世界4強なんてとてもいえないよ。もっとペース配分を考えて、緩い流れのときにもボールを失わないようにしないと。

テレビ朝日が世界最速世界最速って興奮していたけど、そんなのアジアの予選が温いだけでなんの価値も無い。あと、お前ら長谷部が突き飛ばされたときにきっちり触れないとまた「反日放送局がフンダララ」って言われちゃうよ。



ラベル:日本代表
posted by ミラクルさん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。