2009年05月08日

びっくりするほどユートピア!

ユートピアは現実には存在しないが、ユートピアを信じようとする人間がいることは理解できる。誰でも自分のつまらない人生を変えるために不断の努力を積み重ねるよりは、天から救済が降りてくると考え怠惰に生きていくほうがずっといい。

9条護憲運動家の正体(8)東欧モデルで堕落した社会主義者

護憲運動の中心となって活躍している連中は社会主義・共産主義者だ。彼らは九条を改正し、日本が軍隊を保持することを明文化することに反対している。

彼らは日本を無防備にすることで、外国軍に占領されるのを待っている。彼らは自分たちでわざわざ革命を起こす必要もないと考えている。自分たちが革命運動で血を流さずとも、ソ連軍が侵略してきたら日本は共産主義国になる。

そうなれば自分たち社会主義者はソ連傀儡政権の中心に座ることができる。「楽してズルして頂かしらぁ〜」の精神なのだ。

ちょっと違うんじゃないかなと思う。日本における反戦平和運動と社会主義はそんなにリンクしていないんじゃないかなと。つまり、リンクしているならば1991年以降多少なりとも9条護憲運動は弱まっているはずだけれども、そんなことはあまり無い。今も昔も平和主義者は存在している。そして、平和主義者が社会主義者かといえば違うだろう。

多分彼らは「搾取の無い社会」というユートピアを信じる代わりに「戦争の無い社会」という別のユートピアを信じることに決めたのだと思う。静流ちんは手段としてみているが、おいらは目的だと考える。ソ連の崩壊で宗旨替えをしたのではないか。もちろん、ガチのマルクス主義者もいるのだろうけど、あんなにたくさんいるとはおいらには思えないのだ。ましてや、その見本がきれいに崩壊した今となっては。

ユートピアはその内容が極端であれば極端であるほど人をひきつける。しかし、現実に生きているおいらとしてはそんな戯言に耳を傾けるわけにはいかない。いずれは実現するのかもしれないけれども、一歩一歩歩みを進めていくほかユートピア実現の手段は無く、理論上の楽園に強引に牽引して行こうという人間たちには常に警戒をしていかなければならないと考えている。

ラベル:9条
posted by ミラクルさん at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはですね、私の言い方ですけれども、護憲派には「下級護憲運動家」と「上級護憲運動家」がいる。

「上級〜」はこれを左翼運動と理解しつつ、それを隠して平和運動」という偽看板を掲げてオルグしている連中で、彼らにとっては手段。別名確信(革新・核心)サヨク。

「下級〜」はmiracleさんが言うように、「平和運動」それ自体が目的である、騙されて付いていていってる人々別名周辺サヨク。またの名を「お花畑ちゃん」

「下級〜」がこうも多いのは、「戦後民主主義教育」という容共リベラルの養成が十分に成功しているからであると見ています。

今、こういう不況時代ですから、左翼が生き生きしていまして、反戦平和運動と労働運動が完全に合体して、巻き返しを図っています。

侮れませんよ。左翼運動が成功せずとも平和運動が続く限り、サヨクが使えるパイは生き続けますから。
Posted by 静流 at 2009年05月09日 20:28
私も左翼運動が平和運動を隠れ蓑にしている確率が高いと思うな。
静流さんの考えに近い。
miracleさんの言うように、目的と思っている人たちばっかりだとしたら、あまりに馬鹿が多い、というか馬鹿しかいないのか、それはないだろう。
誰かの、何かの思惑があり、手段で動いている人が、うまく目的で動いている人を動かしてると見る方が現状はしっくりくるな。
そして手段で動いている人は頭がいい。
Posted by 黒羊 at 2009年05月10日 00:43
実際にトロツキスト新左翼や、個人の立場での内輪談話では共産党員も正直に言っているわけですよ。(さすがに今の社・共は正体を隠して建前だけを宣伝していますが)

例えばですね、
■9条護憲運動家の正体(4)革命的祖国敗北主義
http://constitution.blog109.fc2.com/blog-entry-190.html

■無防備都市を宣言 革命的祖国敗北主義者
http://constitution.blog109.fc2.com/blog-entry-120.html
Posted by 静流 at 2009年05月10日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。