2009年05月06日

9条信者は怒ったほうがいい

「最後のパレード」と憲法九条

<前略 />

「鳥の目」ではなく、「虫の目」で九条を考える「教材」にして欲しいのです。

人間は、まず感情で意思決定し、後にその選択を理論的(言い訳的)に正当化します。

ユダヤ人のパラダイムを転換させるには、ミサイル攻撃ではなく、一人ひとりの心の「はーとディスク」への「感情ロケット攻撃」しかない、私はそう考えます。

私たちは、この「最後のパレード」を出版するに当たり、本当に「人類の平和」を考えてきました。サンクチュアリ出版はアメリカにも支社がありますが、この本が世界のベストセラーになり、ユニセフへの寄付行為など、社会貢献に大きく役立つと、固く信じています。

一部書店では、店頭からこの本が消えたそうです。悲しすぎます。あまりにも心ないと言わざるを得ません。

「最後のパレード」の著者や出版社をバッシングしている人たちに告げたいと思います。

「小異を捨てて大同に就く」という言葉もあります。小さな法律解釈行為はやめて、憲法前文の精神に則った大きな判断をしてほしい、そう願ってやみません。

ウリの書いた本は世界平和のためだから盗作は大目に見ろ! それが9条の精神ニダ!

なんつーか9条の会はこいつに怒ったほうがいいよ。9条はお前の保身の隠れ蓑じゃねえって。大体ユニセフに全額寄付してるわけじゃないだろw

まあ、昔からアレな人だったみたいですね。

posted by ミラクルさん at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 東村山市関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盗作判明したから回収したというのに、何たる屁理屈!流石は護憲さんですね。
Posted by 静流 at 2009年05月07日 22:07
>静流さん

ぶっちゃけこの人護憲は関係ないと思うよ。自分の正当化に9条を利用しているだけで。矢野穂積が反創価を唱えるのと、瀬戸弘幸が保守を主張するのと一緒さ。
Posted by 管理人 at 2009年05月08日 12:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118712737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。