2009年04月18日

訴えられるたびにウリは強くなる

<政府主催での私生児発言が名誉毀損だと訴える反日極左と在日朝鮮人>
私生児(婚外子)が嫡子と区別(差別)されるのは常識だ
訴訟という行動的市民運動への敵対を粉砕せよ!

外務省が公募した意見発表会で述べた見解を、名誉毀損にあたるとして西村修平代表を訴えた第一回公判が4月15日、東京地裁で行われた。訴えていたのは土橋博子(『「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判の会』代表)という女で、その訴訟代理人は朝鮮人弁護士の張學錬、極めつけの親北朝鮮系である。

東京地裁には家庭の主婦らを始め多くの女性も支援に参加、「婚外子(私生児)はモラルをなくした果ての家庭破壊、これに正当性を与えたならば健全な家庭生活女性への人権侵害になる」として、女性の立場から西村代表への支援を表明した。

私生児とは(旧民法で)正式の夫婦でない男女間に生まれた子の呼び方である。又は父が自分の子として認めた私生児を庶子とも言い、庶子とは妾の腹から生まれた子として古くから日本社会に定着した言葉であるのは周知のこと。

主権回復を目指す会の西村修平代表は平成19年8月、外務省主催の「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」の政府とりまとめの意見交換会で私生児(婚外子)は人種差別に該当しない旨を述べた。この席上、西村修平代表は婚外子を私生児と呼んだ。さらに私生児が嫡子と区別(差別)されるのは当然だと意見を申し立てた。

これが名誉毀損に当たるとして土橋博子が(「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会代表)が西村修平代表を相手に220万円の損害賠償を請求する訴訟を起こした。

この件に関しては「土橋も相手が西村だからって無茶言うなよ」とか思ってた。「外務省が公募した意見発表会」でなんで婚外子の話になるのかって思っていたけど。まあ、法律上正規の婚姻関係で生まれた子供というのは相続上守られなければいけないとも思うので、それを解消したいというならば土橋は慎重にやってもらいたい。基本どうでもいいけどね。

で、Weekly Autocrat Watcherによるとこういうことらしい。

【婚外子】外務省意見交換会での発言めぐり団体代表を提訴

一昨年8月、都内の外務省内講堂で実施された市民とNGOを対象にした意見交換会で、婚外子差別の撤廃を訴える女性が、「個人の不倫の関係で産まれたアレだ」「不貞の子どもは差別される」など侮辱する発言をされたのは名誉毀損に当たるとして、発言した団体代表の男性を相手取り、慰謝料など総額220万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしてたことが分かりました。団体代表は、警視庁元副署長(66)の男性からも、街頭宣伝活動における発言について慰謝料を請求する訴訟を起こされ、現在、東京地裁八王子支部が審議中です。4月15日の第1回口頭弁論で団体代表側が提出した答弁書は100枚近くに及びましたが、その多くが東京都西部であった女性市議の転落死に費やされていたといいます。

訴状によると、女性は、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)」の政府報告をとりまとめるため行われた第2回目の意見交換会に、婚外子差別の解消を目指す活動をしている立場から参加。「日本では依然、婚外子差別が存在し、国連からも差別解消を求める勧告が出されている」などと、会場で国内の現状について意見を述べました。

しかし、団体代表の男性は女性の発言を遮りながら、「個人の不倫の関係で生まれたアレだ。不貞の子どもでしょう」「世界の常識だ。不貞の子どもは差別される」とした上、女性に対して「何回でも言ってやる。私生児が。私生児が」と発言したということです。参加者からは謝罪を求める声が挙がったものの、男性は「謝罪はしない。世界の常識だ。不倫の子どもは差別される」などと反論。会議の終了後も、政府側に「私生児」との発言に対する見解を求めていた女性に対して、「おまえは何人不倫の子を産んだのか」「何度でも言ってやる。訴えてみろ。裁判でも何でも受けて立ってやる」との言葉を発したとしています。

女性側は「(男性の発言は)多数の参加者の前で公然となされたもので、原告(=女性、ブログ主注)が不倫・不貞の関係で出生したということを指摘し、差別されて当然だとの意見を表明したもので、原告の社会的名声・評価を著しく毀損する」などと主張。さらに、「発言をたしなめられてさえ、なおそうした発言を止めず、自己の行為を正当化し、会議終了後にも原告に近寄りわざわざ侮辱行為を行い、裁判でも何でも受けて立つとだめ押し的に言い放っており、原告を意図的に傷付けるためにした行為であることは疑いない」と指摘しています。

これ婚外子も何も関係ないだろもう。単に「キチガイの西村に事実無根の中傷を公衆の面前でやられました」って言っても勝てるんじゃね? 西村もこういう発言をしておいて婚姻関係を結ばないで子供を産む行為は社会の根幹を揺るがす重大な問題であるってしれっというなよwwww それも社会に対する重大な問題かもしれないけど、お前が口を開くのも社会に対する重大な問題だよwwwwwww

西村にはダウナー系のドラッグ投与して死ぬまで閉じ込めておいたほうがいいんじゃないのか? どういうドーパミンが分泌されればこんな有様になるのか。瀬戸も黒田も有門も桜井もこんな馬鹿の馬鹿発言をよく擁護できるな。

ラベル:西村修平
posted by ミラクルさん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOG談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。