2009年04月14日

まず建前を崩さないと

赤マフラーファンサイトよりTrackBackをいただいた。あのあたりの時代は割りとフリーダムな解釈ができるので「想像力が豊かで良いなあ」とドラマ見て思ってた。最近の大河では一番好きだったりする。

[備忘録]維新政党新風の声明

トラックバックくださったmiracleさん経由(「miracleさんは神を憎んで泣いて暮らして: 粛清開始の合図」)。思想信条はおそらく180度違うし、トラックバックされているエントリ(「miracleさんは神を憎んで泣いて暮らして: いつか見た光景」)も私の意図とはずいぶん違うが、何らかの参考になったとすれば嬉しいこと。

意図について補足をするならば、かつてのサヨクの皆さんがお行儀の悪い行いをして人が離れていったように、今の在特会のようなお行儀の悪い連中もまた衰退していくんだろうなというところです。主張に違いがあれども相手がキレるまで挑発し、その結果殴られたら相手の暴力性を声高にアピールするという方法論は全く同じ。

指摘の通り私とあなたは主張は180度くらい違うけれども、こういう行為にうんざりするという点では一致できると思う。んで、できれば一致できる点をたくさん見つけていくほうが楽しいと思うんだよね。

ただ自身の「自信」を獲得・回復するのに「他者」「他国」の貶めによってしかなし得ない差別主義者の言説が伝統的保守主義という正統的言説を身にまとうことこそが、問題なのである。右翼思想そのものがだめなのではない。右でも左でもだめなものはだめだし、いいものはいい。問題は本来は公に口にするのも憚られるような下劣な言説が、正統的言説を身にまとうことで、その存在場所を与えられることなのだ。

いや、そこはちょっと違うんじゃないかと。

  1. 在特会は今回「法を守れ」としか主張していない。もちろん建前でしかないんだけれども、この建前を崩すのは容易ではない。だから厄介。
  2. たとえ公に口にするのも憚られるような下劣な言説でも存在場所は与えられなければならない。どんな言説でも主張する権利は大切だし、言説を理由として排斥するようなことがあってはならない。

まあ、今回の新風の声明はさすがに空気読んだというのが公平な評価かな。付け加えるならば最近新風副代表であるはずの瀬戸が在特会や主権のデモに参加する際には「新風副代表」の名義を使用していないことは注目している。だから、新風と今回のデモを直結されるのが嫌なんだろうね。単純な話。しかし新風ではないとはいえ、ああいうデモをやっちゃう人間というのが間違いなく存在するのもまた事実なんだけれども。

今回のこの声明に対応してまた有門ゴミはゴミ箱へ! 朝鮮人は朝鮮半島へ!などといってるけれども、そうしたら間違いなく土曜日にデモなり集会なり蕨でやった連中というのは右も左もゴミ箱に叩き込むべきだと考えている。

【追記】:

『維新政党・新風』東京都本部広報委員長でNPO法人『外国人犯罪追放運動』理事長の有門さん年頭の決意

昨年の活動を振り返った時、その次のステップとして「動員力をさらに増す」「人数を増やす」ということは容易く思いつく。

街頭での行動を通じて思ったことは、敵(反日・左翼・人権派・不逞外国人)との衝突が増える中で、いよいよ物理的な形での妨害が本格化するということである。

これまで戦後日本人が「差別になる」「人権侵害になる」「争いを誘発する」として恐れ慄き、言い出せなかったことを堂々と主張しているのだから当然と言えば当然だ。

街頭演説をしている時に言いがかりをつけてきた外国人を取り囲んで恫喝する、あるいは袋叩きの目に遭わせる、誰もがこれを「行き過ぎ」と思うかも知れない。

しかし、この「壁」を乗り越えられるか否かに行動の成否はかかっている。

例えば日の丸を掲げて街頭に立つことだけでも一般の人にとっては一昔前までは抵抗があったように思う。だが、今ではそれが普通の光景になっている。

行動に参加する者全員がこうしたメンタリティーを共有するということは、実は大人数を動員したり保守運動を飛躍的に伸長させたりすることよりも重要ではないかと思う。

ラベル:蕨市 運動論
posted by ミラクルさん at 15:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 蕨キチガイ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壁って「外国人を取り囲んで恫喝する、あるいは袋叩きの目に遭わせる」ことを行き過ぎと人が感じること?
壁を越えるとは、行き過ぎと感じず普通だと思えるということかね?
中国人の客引きたかが3人に囲まれて威圧されたとか言ってるヘタレが?
それはさておき。
日の丸を掲げて街頭に立っても犯罪じゃない。
でも外国人を囲んで、恫喝したり、袋叩きにしたら普通に犯罪なんだが、区別がついていないのだろうか?
Posted by 黒羊 at 2009年04月14日 20:27
言及ありがとうございます。
「私とあなたは主張は180度くらい違うけれども、こういう行為にうんざりするという点では一致できると思う。んで、できれば一致できる点をたくさん見つけていくほうが楽しいと思うんだよね」全く同感です。あとご指摘の「建前を崩すのは容易ではない。だから厄介」というのも全くおっしゃる通りと思います。「存在場所は与えられなければならない」については、その通りなんですが、私自身その辺がうまく整理できていません。ご指摘の点を踏まえてまた考えてみたいと思います。
実際非常に有益なご指摘ありがとうございました。とりあえずお礼まで。
Posted by Wallerstein at 2009年04月14日 23:39
>黒羊さん

ほら、仲間がたくさんいるからできるんだよ。きっと。
一人だったら客引き3人に絡まれたら怖くてたまらないけど。

言いがかりをつけてくる人間を袋叩きにしたいからみんな手伝ってという宣言にしか見えないよねw

>Wallersteinさん」

いやいやどうも。渡部篤郎かっこいいよね。
そちらのエントリも読みましたが概ね私の言い分を理解して頂けたようで何よりです。

表現・思想・言論の自由に関してはおいらの立場はローザ・ルクセンブルグの以下の言葉に完全に一致するです。

"Freiheit ist immer Freiheit des Andersdenkenden"

実践は難しいですが、とにかくかくありたいと。
Posted by 管理人 at 2009年04月15日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[雑記]建前を崩す、というために
Excerpt: miracleさんからトラックバックをいただく。 意図については上では私の意図とは違う、と書いていたが、拝読すると意図も全く一致していた。 意図について補足をするならば、かつてのサヨクの皆さんがお行..
Weblog: 北条時輔ファンサイト
Tracked: 2009-04-15 08:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。